NO IMAGE

もう無理って言ってもやめてくれない巨根の極悪ちんぽに精液便所にされる私

極悪オチンポおじさん  >  こいつぁいあオナホだなぁ はぁはぁ…おじさんの極悪オチンポが暴走しそうだ…たっぷり可愛がってやるぞ…(四つん這いで手首を拘束。尻を鷲掴み…揉みしだきながら強めに振りかざした手のひらを尻へと打ちつけスパンキングして)おねだりとかも出来るよなぁ…?  (2:41:54...

NO IMAGE

40歳以上のおマンコやおっぱいなどモロな言葉づかいで責めるスケベなおじさんにセクハラ発言を受けて・・

高梨 真美  >  な、何おっしゃってるんですか、高田さんってば…(顔を真っ赤にしながら俯きつつ周りの同僚の存在を気にし小声でつぶやき)こんなこと社長の耳にでも入ったら叱られますよ?…その、ふたりきりとかなら、バレないかもしれませんが。  (2:05:22) 高田雄三  >  ホントの...

NO IMAGE

ここはどこかの海にある淫ペルタウン。普通のインペルタウンとは違いエロい大監獄

ボア・ハンコック  >  だから…中身はなんなのじゃ?(見つめながら甘えるように聞く  (2:20:04) 監獄長  >  中身は俺のザーメンだ。それも超強力なものだ…一か月ほど出していないとそうなる。色も風味も全て変わる(腕を組むと樽の中身をじっと見つめながら彼女に説明し)  (2:...

NO IMAGE

薄暗い寝室…貴女は普段旦那と共有しているベット、そのベットのシーツを汗ばんだ手で強く握る…脳裏を過る背徳感、その感覚を逆撫でる様に柔肉にすりつけられる硬く反り返った男根

佐伯智則  >  ハァッ…ふふ♪真梨子さん…イこ…ほら…(俺は彼女を担ぎ、対面座位にさせると…腰を掴み上下に肉体を揺すらせる!)ンッ…ンッンッ…ンッ…ほらぁ♪真梨子さんも…自分から腰降ってる…ハァッ…ふふ♪そんないしたら、出ちゃうよ…(俺は腰を下から跳ねあげているだけだが、旦那から見れば、真梨...

NO IMAGE

ボーイッシュで生意気で恋愛対象外の女友達と酔った勢いでヤってしまったら、見かけによらず敏感体質のドMで名器持ちだった

和也  >  次の時間授業無いから暇だなー。何処かコンビニでも行って漫画の立ち読みでもしてるかなぁー。(そう言ってキャンパス内を歩いていると授業時間中にも関わらず歩いている麻衣の姿が見えて)お、麻衣もこの時間授業無いのか?あ、丁度良いわ。抜かせろよ。(って廊下で言い放っちゃうとにやって笑う。す...

NO IMAGE

休みの日に近くの公園で散歩をしている時に出会った女の子と仲良くなり、それから何度か公園で話すうちに次に会う日を決めて待ち合わせるように

りん  >  ドキドキ……わ……私も……おじさんにファーストキスあげられて、良かった……ドキドキ……りん……おじさんの……か……彼女で良いのかな……?ドキドキ  (1:11:55) おじさん  >  あ…こ、こちらこそその…こんな年の離れたおじさんで…しかも…こんな経験がなくて、お話が...

NO IMAGE

高級マンションの隣に越してきた男。ある日貴女と偶然会うとなぜかニヤニヤしてる。そんな日が数日続いたある日、一人の時間を狙ったようにインターホンが鳴る…

中村 淳  >  早く洗わないと孕むんじゃない??(笑いながら見下ろす)それとも孕みたいの??  (2:28:21) 天海奈都  >  …ッ(笑いながら見下ろす男を睨み、タイツの膝を床につく。無防備に出されたそれに、ちょっと息を止めてから口に入れる。自分の臭いが、酷く生々しかった)……...

NO IMAGE

妖魔の罠にかかって捕まってしまった女退魔士。手脚を固定されて常に媚薬を与えられ、胸や秘部などの敏感なところにはロ-タ-やバイブ、触手などをつけられた状態で3日間放置される

縄妖魔  >  ほう……美味しそうに舐めているのは可愛いぞ、ご褒美に…(まるで雌犬のように舌を這わせているみくにを見下ろすと、媚薬の注入を止めていく)奉仕することで喜びを刻むが良い  (1:43:52) 足立みくに  >  ありがとうございますぅ…んっ…レロォ…ピチャピチャ…(舌を...

NO IMAGE

女性かつ若くして某組織の第一部隊長を務めるセシルは、高い戦闘力と非情さで敵対組織壊滅へ向け貢献しているが、激闘後は罪悪感と興奮を一人で抑え切れず、ある男に自ら犯されに行く

セシル  >  (久々の激闘、勝利したものの数の減った部隊を連れ本部へと帰還し。解散を告げ各々部屋へと戻る部下達の背中を見送ると、漸く自室へ向かう。熱いシャワーを浴び落ち着いて来た思考は戦闘を振り返り始め、様々な場面が鮮明に蘇る。「マズイ、」動揺を感じ平静を保とうとするが僅かに手が震え、服を着...

NO IMAGE

バイト先の年下の男の子と…定期的にある飲み会の帰り道、終電がなくなったことに気付き貴方の部屋に泊めてもらう。部屋に着くとキスをされそのままベッドへ…。

望美  >  っ、(唇を噛み締め涼介を見上げたまま)っ、ばか…(腕を伸ばし涼介の首に腕を回すと)…涼介くん…っ、気持ちぃ、よ…っ  (0:38:19) 橘 涼介  >  ん、素直な、望美さん好きだよ。…(背中に手を回して抱き上げ、そのまま座ると下から激しく突き上げて、目の前に見える乳首...