危険なところを助けてもらったイケメン巨根に中出しセックスされて

さや  >  あん…海翔…恥ずかしい…(ピンクのパイパンのおまんこが濡れてひくひくしている…あの日、何度も激しくクンニされていきまくったさや)海翔…気持ちよくなりたい  (1:01:20)
海翔  >  すごくエロいよ。…俺のがさやの下の口でくわえてほしがってるよ。…(割れ目をいやらしく指で弄りながら、海翔のモノがギンギンになっているのがさやから丸見えになる)  (1:03:29)
さや  >  あん…海翔…おちんちんおっきい…この間よりおっきいよ…(なめてほしかったがおちんちんをおまんこに擦り付けられててほしくてたまらなくなる)海翔…おちんちん…おまんこに入れて…お願い  (1:04:52)
海翔  >  さや…いれてあげるね…んっ…(極太のカリを割れ目に添えていき、ゆっくりと押し付けていくと割れ目が今まで開いたことのないくらい広がっていく)  (1:07:46)
さや  >  あん…海翔…おちんちんおっきいの…広がるの…苦しい(何とも言えない快感がさやをおそう…エッチな表情で海翔をみて…この後のものすごい快感を知っているから怖くなる)あん…海翔…おちんちん…奥に入れて…お願い  (1:09:50)
海翔  >  んっ…さやが締まるよ…すごくエロいよ…あっ(ゆっくりと奥に押し込んでいくと、一番奥にグリグリと当たっていくが、まだ5cmくらい長さが余っている)  (1:12:17)
さや  >  あん…海翔…おちんちん…子宮に当たるの…擦らないで…そんなに擦ったら…さやだめなの(名器のおまんこは海翔のおちんちんをちぎれそうなくらい締め付けて)あん…全部入ってるの?こんなにおっきいのはじててなの  (1:13:55)
海翔  >  あっ…さや…締め付けがすごいよっ…(ゆっくりとしていた動きが少しずつ早くなっていき、さやからも繋がっているのが見えるように足を持ち上げる)  (1:16:11)
さや  >  あん…まだ全部入ってないの?(こんなに奥を擦られてるのに入りきらないおちんちんをみて、さらに濡れるさや)あん…海翔…激しい…さやいくの…(海翔のピストンにあわせてエフカップのおっぱいが激しく揺れる)  (1:17:42)
海翔  >  あっ…さやと一緒に…俺もいきそうだよっ…(さらに激しく突き上げていき、ピクピクし始める)  (1:19:24)
さや  >  あん…海翔…おちんちんいいの…あん…あん…もうダメ…さやいくのイクイクイクイクイク…びくん…(行くときには、おちんちんを全部入れられて、反り返って激しくいくさや)  (1:20:34)
海翔  >  あっ…さやっ…ヤバイよっ…俺もイクッ…アァッ!…(子宮の中に先が入っていきながら、中でビクビク震えて、熱くて濃い精子が大量に注ぎ込まれる)  (1:22:16)
さや  >  ハアハアハア…(あまりの気持ちよさに痙攣して意識を失っているさや。エッチな体がひくついている)  (1:23:17)
海翔  >  ハァハァ…ハァハァ…(奥まで入れたままで優しく抱き締める)…やっぱり…さやとのセックス…最高。  (1:24:57)
さや  >  うん…さやも…こんなに気持ちいいのはじめて…海翔…離れたくない(おちんちんが小さくならないことに驚きながら奥を擦られてかんじてしまう)海翔…あん…いったばっかりだから動かさないで…お願い…感じちゃうの  (1:26:44)