巨乳が目立っちゃうシスターのあなたは母性本能が強く、お願いされると断れない性格……それがえっちなお願いであっても…

ユウ  >  ちゅ……ちゅ、ちゅっ…  (1:39:26)
ルナ  >  (そっと手をのばして、ユウさんのオチンチンを……ズボンの上から撫でて)  (1:39:49)
ユウ  >  あっ……(触れられただけで…大きくビクンって跳ねて…)  (1:40:23)
ユウ  >  はあ…ぅ…………(おっぱい吸いながら…もっと気持ちよくしてもらいたそうに……シスターを見ちゃって…)  (1:41:26)
ルナ  >  可愛い……ふふ(髪の毛撫で撫で……撫で撫で。濃いピンク色の、大きめのえっちな乳首……ユウさんに吸われるとだんだん硬くなる)  (1:41:33)
ユウ  >  ちゅうう…ちゅううっ……ちゅううっ  (1:41:38)
ユウ  >  あむ……ちゅぱ…ちゅぱっ  (1:41:57)
ルナ  >  敏感なのですね……私と、したのも……あの一度きり、ですものね……?(耳元で甘くささやいて……ファスナーをひろげて、そっとオチンチンを出してあげる……)  (1:42:44)
ユウ  >  ん……シスター…ぁ………(ぎゅって抱きついて…せがむような目で見ちゃう…)  (1:43:43)
ルナ  >  あん……気持ちいい……また、神様の御前で……こんな、いやらしいこと……  (1:44:03)
ユウ  >  ちゅ……ちゅ…ちゅぱ……  (1:44:39)
ルナ  >  私の膣内(ナカ)で……たっぷり射精してしまったこと……覚えていますか……?(アツアツのオチンチンの先端……われめの辺りを優しくなでて……)お汁が……でてきましたね……?  (1:46:13)
ユウ  >  ん…んっっ……おぼえてます……いっぱい…いっぱい……シスターに…優しく包んでもらって…  (1:47:01)
ルナ  >  ふふ、修道衣半脱ぎの私の膣内に、ユウさんの初めてが……ゆっくり入ってきて……(やさしい手でオチンチンを包んで……にゅる……って柔らかく扱いてあげる……)  (1:48:38)
ユウ  >  あ…あっっ……そんなこといわれたら…はずかしぃ………(手の中で…跳ねちゃってる…)  (1:49:31)