肉便器として使われる日々をおくる熟女のあなた…今日も近所の大学生が家を訪れる…潮や小便を撒き散らしながら、汗だく汁だくになっての変態交尾

駿  >  (肉便器として使われる日々をおくる真奈美…今日も近所の大学生が家を訪れる)おばさん、今日もたっぷり可愛いがってあげるからね(ズボンの上からでもはっきり分かるぐらいに勃起しているチンポ)  (3:13:43)
真奈美  >  は、入って…/////…((下半身にちらっと目をやり家の中に入れる  (3:14:35)
駿  >  うん…(寝室に移動すると後ろから胸をわしづかみしてムニムニと揉んでいく)  (3:15:41)
真奈美  >  んっっ…((待っていたと言わんばかりにノーブラで乳首を立たせている  (3:16:30)
駿  >  (真奈美の服を脱がせて乳首をコリコリと指で弄っていく)乳首こんなに固くさせて…いやらしい…  (3:17:31)
真奈美  >  あっあっんっ…ビクビク…(弄られるとビクンと体が反応し高い声で喘ぎ出す)  (3:18:47)
駿  >  レロ…レロ…チュッパ…(舌をねっとりと絡ませながらキスをする)すっかりいやらしい顔になってるよ…  (3:19:42)
真奈美  >  んっ…れろ…あっ…そ、そんな事言わないで…駿くん…ハァハァ…?((膝を擦り合わせクネクネとする  (3:20:30)
駿  >  (乳首を弄りながら、もう片方の手でマンコを擦るように弄っていく)ここも湿ってるよ…  (3:22:00)
真奈美  >  あっっ…だめぇ…((ぐっちょぐちょに濡らしている  (3:23:13)
駿  >  (マンコの中に指を入れて中をかき回すように弄っていく)グチョグチョいやらしい音を出して…本当におばさんは変態だね  (3:24:16)