莉奈は体調があまり優れなくて近くの病院に行く。可愛くてスタイルのいい莉奈に先生のあなたはついドキッとしてしまう。顔立ちは幼いのに色気が溢れていてエッチなことばかり考えて・・

健  >  莉奈か……良いでしょう…莉奈を私専用にしてあげますよ…(パンティを膝まで下ろし)…凄い溢れてますね……こんなにやらしい汁を溢れさせて…(指先で割れ目を)…スリスリ…スリスリ…ヌチュヌチュ…ヌチュヌチュ!…良い音だ…聞こえるでしょ?  (22:37:40)
莉奈  >  嬉しい…はぁん///…気持ちいい…(パンティが下りてびしょ濡れになっていて)はぁん///…ぁあん///…すごい…音がいやらしい(自然と腰を揺らして求める)  (22:41:03)
健  >  少し脚を開いて…(脚を肩幅位に開かせると指を中に)…ヌプッ!…クチュッ!…(指先がすぐに莉奈の弱いスポットを探り当てる)…グニグニ!…莉奈はここが良いようだね…ほら…クチュクチュ…クチュクチュ!  (22:43:04)
莉奈  >  ぁあん///…(脚が開いて指が入ってきて動いて)ひゃ///…そ、そこだめなのに…はぁん///…気持ちいい(指が的確に触れてきてもっとと言わんばかりに腰を上げて揺らす)  (22:44:25)
健  >  ダメ?…そんな風には見えないよ…ほら…素直になりなさい…(指が激しく)…クチュクチュ…クチュクチュ…クチュクチュ…クチュクチュ!…莉奈…やらしい汁が飛び散ってるよ…足元に水溜まりになりそうだよ  (22:45:50)
莉奈  >  ひゃん///…はぁん///…気持ちいい…そ、そこいいの(指が激しくなると我慢できなくて潮吹きをしてたくさん出てくる)はぁん///…気持ちいい…先生…止まらないの…ぁあん///…出ちゃうの  (22:47:42)
健  >  凄いなぁ…こんなに噴いて…本当やらしいマンコだ…止まらないなら…栓をしなくちゃね…(立ち上がりズボンとパンツを脱ぐ…極太チンポが莉奈の目に入る)  (22:49:32)
莉奈  >  ひゃ///…先生…ぁあん///(ズボンとパンツを脱ぐと極太チンポが出てきて見入ってしまう)はぁはぁ…先生のチンポすごい太い  (22:50:45)
健  >  莉奈のここを…こいつ専用の穴にしてやろう…(チンポの先を割れ目に擦る)…スリスリ…スリスリ…ヌチュヌチュ…ヌチュヌチュ!…莉奈…もちろんゴムは無いからな  (22:52:42)
莉奈  >  ぁあん///…先生…専用の穴にして…ぁあん///…ゴムなんていらない(擦れるたびビクッとしながら)先生の熱いミルク全部莉奈の中で出して  (22:54:10)
健  >  俺の専用になったら…毎日何回も使ってあげるよ…良いね…(腰を掴みバックから一気に奥まで)…いくぞ…ズチュッ!…ジュブジュブ…グチュッ!…んっ…中々絞まりの良いマンコだ  (22:55:55)
莉奈  >  はぁん///…すごい…はぁん///…大きい(バックから一気に突かれてビクッとしながら立つのもやっとで)はぁん///…先生のちんぽ大きすぎて癖になる  (22:59:41)
健  >  こいつの味を知ったら…もう他のじゃ何も感じなくなるぞ…(腰を掴み…激しく打ち付ける)…パンッパンッパンッパンッ!…グチュッグチュッグチュッグチュッグチュッ!…莉奈…もうお前は俺無しじゃいられなくなる  (23:01:14)
莉奈  >  はぁん///…先生すごい…ぁあん///(激しく打ち付けられてもう夢中で何も考えられない)ひゃ///…先生なしじゃ無理…はぁん///…先生のちんぽ好き  (23:02:37)
健  >  良い子だ…莉奈はもう私の物だよ……(さらに激しく)…パンッパンッパンッパンッ!…グチュッグチュッグチュッグチュッグチュッ!…(体を反らさせ…オッパイを鷲掴みに)…ムニュッ…ムニュッ…モミモミ…モミモミ…ムニュッ…ムニュッ!  (23:04:22)