執事の僕は、お嬢様のあなたが気持ちよくなる為のオモチャにされていて、今日も部屋に呼び出されて

雪乃  >  恥ずかしいのは亮介の格好でしょ?(くすりと笑うと、足でおちんちんを挟んで上下にすん)  (2:18:39)
亮介  >  んぁっぁぅっんんっ…お嬢様っ何をされて…はぁっはぁっ…んぁっ  (2:20:07)
雪乃  >  ふふ、もっと気持よくさせてあげるね(先ほど取ってきたのか、小さなバイブを先端にあてて足でおちんちんを擦る)  (2:21:56)
亮介  >  ぁんっんぁっ(>_<)はぁっんぁっ…きもちぃ…ぁあっんっ…(腰をくねくねさせて気持ち良さそうに喘いでしまう)  (2:23:08)
雪乃  >  ちょっとやりにくいでしょ(いったんバイブも足も止めてしまうと、足を大きく開かせる)  (2:23:49)
雪乃  >  (ベットの縁におおきな太い紐で足を繋いで)動いたお仕置きね  (2:24:31)
亮介  >  んっんんっ…そんな、お嬢様っ…何をされるんですか?んんっ…  (2:27:34)
雪乃  >  ほら、喋ったり動いたりしたら他の執事呼んでくるからね?  (2:29:48)
雪乃  >  (バイブを根本の方にくっつけつつ、先端はあったかい口で咥えこむ)  (2:30:23)
亮介  >  はい(>_<)わかりました…んんぁっんっぁんっ(つい喘いで声が漏れてしまう)  (2:31:04)
雪乃  >  あら、他の執事に見られたいの?(バイブをもっと強く当てて)  (2:31:55)
亮介  >  んっんんっ…す、すみませ…んんっぁんっ(>_<)はぁっんぁっ…気持ちよくてぇっんんっ  (2:33:38)
雪乃  >  もう‥そうねぇ、悠斗あたり呼ぶ?  (2:37:39)
雪乃  >  (亮介より年下の後輩の名前を上げれば、廊下に向かって声をかける)  (2:38:06)
亮介  >  すみませんっ(>_<)呼ばないで…んんっ…ください…んっはぁっはぁっ…  (2:38:54)