ホテルの至って普通の出張マッサージを依頼した貴方。貴方の部屋に来た私は最初にリラックスできるよう1杯のお茶を差し出す。その中には即効性のある強烈な興奮剤が入っていて

田村 美恵  >  暑がりなんですね…何だか、暑いはずなのに女の子みたいな可愛い声でてますね…(グイグイと腰に刺激を加えるようにマッサージを続け)腰がしんどい時はお尻のあたりにも疲れがたまっているんですよね(そういって、おしりを震わすように刺激を加えると更に股間が擦れていく)こういうのも、気持ちよくないですか…?痛かったりしたら言ってくださいね…  (23:26:06)
工藤 祐介  >  ぁ……すみま……せん……変な声出てて気持ちよくてつい……(そう言い逃れるしかなくさらにお尻のあたりを振るわせられると気持ちよくなっていく顔を赤くしてベットを掴み声を我慢するために歯を食いしばっている)んっ……はい。気持ちいいですね……はぁはぁ。  (23:31:39)
田村 美恵  >  そうでしたか。気持ちいいならよかったです。ふふ…(股間をベッドに擦り付けるようにお尻を揺さぶっていく)こうすると皆さん喜ぶんですよね…別に気にしませんから、声は出してもらっても大丈夫ですよ…(声と、ベッドを掴む仕草で感じていることを確かめながらも弄ぶように刺激を加えていく)マッサージはよく受けられるんですか…?  (23:35:03)
工藤 祐介  >  はぁい。ふぁ……んっ……(声を出してもいいと言われると声が漏れ始めて股間はだんだんと主張を強まられて腰はまた浮いてしまう)はぁんっ。たまに受けるんですけど……いつもはこんなに声でないですけど…お上手ですね……(声を出すと気持ち良さは増していき脚を軽くバタバタさせてしまう)  (23:39:35)
田村 美恵  >  そうですか?ありがとうございます。でも…そんなに脚を動かしちゃダメですよぉ…?それに、なんだかまた腰が浮いてきてますけど、大丈夫ですか…?(浮いている腰と反応を楽しみながら腰回りを撫でるように)どうか、しちゃったんですか…?何か、おつらい所とかあります…?(探るように聞きつつマッサージを続ける)  (23:42:41)
工藤 祐介  >  はぁはぁ……すみません……きもち……良すぎてつい……ぁっぁっ……ちょっ……(腰を浮かせるのを我慢するようにベットに押し付けるとビクッと身体が反応してしまう)じゃぁ……背中してもらっても……いいですか……(腰とお尻の刺激から逃げようと思いそうお願いする)  (23:45:14)
田村 美恵  >  わかりました。背中ですね…じゃぁ…(背中をマッサージするために腰の上あたりに移動すると背中を大きく撫でるようにしながら腰をグラインドさせ、股間にも刺激がいくように動かす)そんなに気持ちいいって、喜んで頂けるなんて嬉しいです…いつもこんな、可愛らしい声を出してるんですか…?  (23:48:24)
工藤 祐介  >  ぁっ……あっ……(腰をグラインドさせながら刺激されると今まで以上の刺激が押し寄せてきて)ぁっぁっ……はぁはぁ……すみません。、こんなはずじゃ無いんですけど……すみません……あっ……恥ずかしいです(我慢するために手を握ったり閉じたりして腰を少し左右に自分で動かす)こんな人他にいないですよね….?はぁはぁ……すみません  (23:52:17)
田村 美恵  >  そうですね、あまり…いないですね、ふふ…(グラインドさせる度に出る声が楽しくて何度もグラインドさせ)じゃぁ…何だかうつぶせの姿勢も辛そうなので仰向けになってもらえますか…?(背中から降りると、じっと待ちます)  (23:54:49)
工藤 祐介  >  えっ……仰向け……ですか……(勃起していたのがバレると思い血の気が引く気がしたが勃起は治るはずもなくゆっくりと仰向けになる)はぁはぁ……(完全に勃起しているし、あまり我慢して居たのでズボンが我慢汁で少し湿っている)あっ……(やばいと思い内股気味にするが勃起が隠せるわせもなく、軽く手を乗せて)はぁはぁ……お願いします……  (23:58:04)
田村 美恵  >  ・・・ふふっ…ありがとうございます。じゃぁ…楽にして、手も脇に置いて下さいね…(そう言うと股間を隠している手をとって脇にのける)ずいぶんと…元気になってますね…(完全に勃起して、ズボンの先端にはシミができている様子をまじまじと見ながら)脚の方からマッサージしていきますね(下半身の方から、太ももを優しくマッサージしつつ、勃起した股間と恥ずかしそうな顔を交互に見やる)仰向けになったら、少しは楽になりましたか…?  (0:01:35)
工藤 祐介  >  はぁはぁ……(手を退けると勃起してるのは丸わかりだがそれに触れないでくれてることがまた恥ずかしさを増長させてズボン越しにもわかるくらいビクビク動いてしまう)あっ……はぁはぁ……んっ。、ぁっ。(交互に見られると母はどんどん赤くなり)ちょっ…(見られると身体は反応してしまい少しずつシミは大きくなるのが恥ずかしくて見られてることを意識しないために目線をそらすが触られると体はビクビクまた反応して)はぁんっ……すみません……  (0:06:35)
田村 美恵  >  どうして謝るんですか…?楽にしてもらっていいんですよ…(太ももをマッサージする度に勃起した股間がゆさゆさと揺れ、その大きさを誇張する)疲れてると…疲れが一か所に溜まってしまったりするんですよねぇ…(ゆさゆさ揺れる股間越しにお客様の顔を見て)太腿の付け根にも大事なツボがあって、ほぐすと気持ちいいんですよ…  (0:09:54)
工藤 祐介  >  はぁぁん……だめっ。、んっダメッァッ。(付け根を触られると声が我慢できなくなるがそれでも我慢しようと手はベットを必死で掴み)んっ。んっぁっ……そうなんですか……ぁっ。、俺もそうなんですかね……一箇所……ハァンッにですか?  (0:13:24)
田村 美恵  >  そうですね…お客様は…股間に疲れが集中してらっしゃるみたいですね…ふふっ…(付け根をマッサージするだけで過敏に反応する様子を見て)何だかきつそうですね…お客様はよく…こんなに勃起されるんですか…?すっごい反り立ってますね…(揺さぶるようにマッサージして弄ぶ)  (0:15:54)