以前レイプされ無理矢理イカされた弱みにつけこまれ奴隷にされていた貴女、関係を解消して数年したのにまたその男は現れて卑劣に脅され再びレイプ調教されてしまう

瑠未  >  中学校を卒業しますが、高校生になっても橋本さんのおちんちんの奴隷は卒業しません!瑠未のスケベな身体をこれからも調教してください」  (1:08:27)
瑠未  >  (昔の自分の声に後押しされるようにおじさんの目をみつめて)橋本さんのおちんちんが好き・・・です  (1:09:04)
橋本和也  >  瑠未ちゃんよく言えたね、おじさんの言うことを聞いていれば彼氏にバラさないし、いっぱいエッチなことしてあげるからね?(はだけたワンピースをめくり太腿を摩って股間へと指が伸び、レイプされ苦悶に満ち溢れる瑠未の瞳を覗き込みながら下着の上から割れ目を何度もなぞり続ける)  (1:12:00)
瑠未  >  (おじさんが書いた卒業記念のセリフを浴びて自分のいまの立場を思い知らされる。ワンピをめくられて、ピンク色のショーツの上からおじさんの太い指が何度も往復して刺激を与えてる)っぁぁ・・・彼氏には言わないで、おねがい  (1:14:41)
橋本和也  >  (下着に秘烈から溢れる愛液の染みが浮かびあがれば指を押し込むように強くまさぐり)彼氏に言わないでほしいなら、また奴隷に戻りなさい。ほら、昔みたいに一生肉奴隷になりますからオチンチン使わせてくださいって言ってごらん?言わないなら彼氏に動画を送りつけるからね  (1:18:05)
瑠未  >  (ショーツの上からグリグリ押さえて答えを急かされて、顔を赤くさせて、涙目のままおじさんの顔をみつめて)彼氏には言わないで、秘密にして…。瑠未は橋本さんの肉奴隷ですからわたしにおちんちんをつかわせてください  (1:20:23)
橋本和也  >  (再び奴隷になると宣言したことに満足し、下着の中に手を入れ愛液溢れる蜜壷に指を焦らすように出し入れし)本当お利口になったねえ、そんなに彼氏のことが好きなんだ?彼氏の前で瑠未ちゃんが変態の淫乱女だってわかるように犯してあげようか?  (1:24:27)
瑠未  >  (ショーツの中に手がすっぽり入って、指を出し入れして刺激されてく)ハァハァ…彼のこと、ちゃんと好きなの…彼を傷つけたくないの…それだけは許して…。  (1:26:23)
橋本和也  >  (熱く蠢めく蜜壷の触感を確かめるように激しく捏ねくり回しながら)おじさんの奴隷になるって誓ったのに逆らうの?どうしても嫌なら仕方ないけど毎日中出しさせるなら許してあげるけど、それでいい?  (1:29:52)
瑠未  >  (指が激しく動いて身体をくねらせて感じてしまう)ハァハァ、逆らいません…。だから…許して、おねがい。橋本さんの奴隷になるからぁ  (1:31:19)
橋本和也  >  奴隷になるなら許してあげようかなあ(指を折り曲げ蜜壷の感点をほじくり回して腰が跳ね上がるほど蜜肉を掻き混ぜていく)瑠未ちゃんオマンコ気持ちいい?オチンチン入れてほしいならおねだりしてごらん?彼氏のオチンチンよりおじさんのオチンチンが欲しいですって  (1:33:53)
瑠未  >  (中に入った指が感じるところだけを集中して責めて、口を開けたまま、肩で息してる)はぁはぁ、き、気持ちいいです…奴隷になります…。彼氏のおちんちんよりおじさんのおちんちんを使いたいです  (1:35:52)
橋本和也  >  (指を引き抜き愛液が糸引く様子を瑠未に見せ)瑠未ちゃんすっごく濡れちゃったねえ?じゃあ犯してあげるからパンツ脱いでくれるかな?特別に好きな体位で犯してあげるから  (1:38:31)
瑠未  >  ハァハァ・・・(おじさんの指に逝くところまで責められて呼吸が乱れてる。裂かれたワンピを脱いで、仰向けになって、膝を立てて、足を開いて、股間をおじさんに見せてる)  (1:40:24)
橋本和也  >  (再び奴隷に堕ちた瑠未に見せつけるようにズボンを脱ぎ腹まで反り返る極太の肉棒を曝け出す)瑠未ちゃん、力抜いてリラックスしてね?死ぬほど犯して気持ちよくしてあげるから(割れ目に亀頭を当てがうとゆっくり蜜壷へ沈めていき、腰を振り始める)  (1:44:33)