強豪野球部マネージャーの私。強化合宿で禁欲中の部員達に、夜中性奴隷として犯される1週間

香川政臣  >  ちえちゃんが欲しくて固くなっちゃったよ…(相手の耳元で囁きながら更に押し付けるように何度も擦り付けていき)  (9:58:16)
難波ちえ  >  んっは……ダメです…あっんっ、、(下着ごしに擦り付けられて、徐々に、そこから水音が立ってくる)せっ、、せっくすは…駄目…  (10:02:10)
香川政臣  >  御免な、ちえちゃん…我慢できないよ…(下着を脱がせ裸にすれば、肉棒をあてがいゆっくりと根本まで挿入していき)  (10:03:40)
難波ちえ  >  待…っ…んあああっ、、(押し広げられる苦しみに喘いで、引き締まった肉体が先輩をけなげに締めつける)や、やだっ、聴こえちゃっ…  (10:06:30)
香川政臣  >  ちえちゃんの中、熱々で締め付けてくるよ…(そのまま腰を動かし始めれば、腰を打ち付ける度に卑猥な音が響き渡り肉棒が子宮を押し上げて)  (10:07:53)
難波ちえ  >  ぁんっ、や、動かないで、はんっ、あっあっあっ…(反り返ったソレが、猛々しく奥を、容赦なく突きあげ、大きな声が出る。)  (10:09:40)
香川政臣  >  やっぱりちえちゃんも楽しみにしてたんだね…(布団の中で回りに隠れながらセックスをすれば、相手の胸に顔を埋めながら更に腰を強く打ち付け)  (10:11:27)
難波ちえ  >  ちがうって、言って…あっはぅんっ、ずっと激しいの…だめですっ、あっ、あ~っ、、はぁっ、ぁっあっっ(突かれながら脚がぴんと立って、かくかくと震え、無意識に先輩を強く抱きしめる。)  (10:15:04)
香川政臣  >  違うって言っててもちえちゃんの此処は嬉しそうに締め付けてきてるよ…(何度も激しく腰を動かし、肉棒で子宮を突き上げ続け乳首を強く吸い上げ)  (10:16:59)
難波ちえ  >  これ…もう、あっ、はぁ、っ、、みんな、聞いてるっ、ぁんっ、そんな、奥っ、イ、いきますぅっ、、(中で膣がうねり、息の感覚も短くなる。この一週間で数々の男に刻みこまれた、中でイく感覚が、近づいてきている)  (10:19:56)
香川政臣  >  俺もそろそろイきそうだよ、ちえちゃん…(身体を起こし、相手の腰を掴めば力任せに肉棒を打ち付ければ中に出す準備が出来たのか、肉棒が震え始めて)  (10:22:13)
難波ちえ  >  (相手の体重が上からかかり、さらに大きくなった肉棒が奥にゴリゴリとさらに強い刺激を与え)あああっ!あっあっあっ、外、外でぇえっ、、はぁっ、、あああっ、イっ…ぁあああんっ(腰がガクンガクンと浮き上がり、身体中が波打つほどに震え、絶頂へと達してしまう。共に、根元から勢いよく潮が吹きあがる)  (10:24:54)
香川政臣  >  くっ…ちえちゃんそんなに締め付けたら…(最後に強く相手の子宮を突き上げれば、肉棒も限界が来たのか相手の子宮に向けて熱々の精液を大量に流し込んでいき)  (10:26:50)
難波ちえ  >  (抜かないと、そう思っているのに、身体は痺れ、自分の膣からも離れようにも離れない、そうしているうちに、肉棒が震えあがり)あっ、出しちゃ、だめっ、あっ、あっ、あっ、熱いっ、イ、い、いくうっ、、っはぁああっ、、(勢いよく放たれる精液が子宮口を刺激して二度目の絶頂。その絶頂が、精液を最後まで絞りとるかのような締めつけになり)  (10:28:46)
香川政臣  >  くっ…ちえちゃんに種付け最高だよ…(相手の腰を掴み逃げられないようにしながらまだ出続ける精液を子宮に流し込み続け)  (10:32:49)