いきなり公園でキモくて臭いおじさんに犯される女子高生。淫語攻めされ、嫌なのにグチョグチョになっちゃう

石井憲治  >  えへへ、美味しそうな獲物がいるじゃないか!ガバッ!(いきなり有無を言わさずおやじが抱きついてきた)  (1:46:13)
たなか まゆ  >  ん、きゃっ!!(何が起きたかわからず固まる)  (1:47:20)
石井憲治  >  おら、大人しくしなよ!(おやじはまゆの口を塞ぎ公園のトイレへと連れ込んだ)ほ~~これは若くてたまらんな~~(まゆをいやらしい目で観察しながら撫でまわす)  (1:49:09)
たなか まゆ  >  やめてっおねがいっやだぁっ(事態を理解し急に暴れ出す)  (1:49:58)
石井憲治  >  やめなよ!ガチャ!(まゆの手首を掴むと持っていた手錠をトイレの配管にかけ、そしてまゆの手首にかけ逃げれなくしてしまった)あぁ、いい匂いだ!(まゆの脇の匂いを嗅ぎだす)  (1:52:24)
たなか まゆ  >  いやぁぁっやめって!(逃げられないとわかり急に泣き出す)  (1:53:01)
石井憲治  >  黙れ!おら、おじさんのでもくわえてろ!(いつの間にか取り出されていたおやじの竿がまゆの顔に近づき無理矢理くわえさせられるのだった)う!ほら、きちんとしゃぶれよ~じゃないと帰さないからな~  (1:55:08)
たなか まゆ  >  んくっくるしぃっんん(後ろに頭を逃がそうとする)  (1:56:28)
石井憲治  >  あぁ、やっぱり若い女はいいな!(まゆの頭を掴むと一気に奥へねじこんでいく。雄の独特な匂いがまゆの理性まで犯していった)  (1:58:11)
たなか まゆ  >  んぐぐぐぅぅぅう(苦しそうに嗚咽をする)  (1:58:54)
石井憲治  >  ほらほらよだれが垂れてきてるぞ!う!う、そうだ、おじさんの根元までしっかり味わえ。ほらこっちはどうだ?(まゆは座った状態でおやじの肉棒をくわえさせられながら、足の指が下着の割れ目に食い込んでいった)温かいね~~  (2:01:47)
たなか まゆ  >  んっくぐっんんっ(当てられた瞬間体が素直にビクビクする)  (2:03:45)