強気な女が罰ゲーム痴漢で責められ悔しく思いながらも感じてしまい堕とされてゆく

まさし  >  はあ、どうですか。。。今の気分は。。。見下ろすように  (22:09:37)
坂本有紗  >  はぁ…はぁ…まさし…あんたね~…(言葉とは裏腹に目はとろんとしている)  (22:11:55)
まさし  >  僕も。。。気持ちよくさせてほしいな。。。(ズボンを下して、ペニスをいきり立った目の前に見せる)  (22:12:50)
坂本有紗  >  (いきりたったペニスを見た途端あれで中を掻き回されたい欲求に駆られた有紗は考えるより先に口に咥え愛撫していた)  (22:14:50)
まさし  >  んんぁ。。。。有紗さん。。。エッチじゃないですかぁ。。。。  (22:15:30)
坂本有紗  >  んっ、うるさい…もういいでしょ、早くして…  (22:17:05)
まさし  >  んん。。。エッチ。。。。。早くしてって、最後までしていいんですかぁ?(わざわざ聞いちゃう。。憎たらしく、有紗の乳房を揉みながら)  (22:19:01)
坂本有紗  >  んぁ…もう彼氏やみんなに言えないところまで来てるでしょ…だから…早くして…ね(優しくペニスにキスをする有紗。)  (22:21:02)
まさし  >  はあはあ。。。では。。。(有紗を抱き起して。。。ソファに寝かせて)どさ。。。(脚を開かせる)がばぁ。。。いきますよぉ。。。(ペニスを、ゆっくりと挿入していく)ずずー。。。  (22:22:34)
坂本有紗  >  あぁん?すごいよぉ…ぅんっ…  (22:24:29)
まさし  >  はあはあ。。。。(正常位の態勢で、奥まで挿入)ずずーーーん!  (22:25:04)
坂本有紗  >  奥やばい…あん…もっと激しくして…(自ら腰を動かす)  (22:27:58)
まさし  >  いいんですかあ。。。。僕なんかに、エッチさせちゃって。。。この体。。。。(乳房にしゃぶりつきながら、腰をゆっくりと動かす)  (22:29:04)
坂本有紗  >  あっ、ぃいよ~今日だ…けぇだからぁね?  (22:31:19)
まさし  >  そーらぁ。。。。(突き上げるように、力強く)ずーーーん!  (22:31:52)