テスト期間や女の子の日が重なり一ヶ月ほどしていなくて…久しぶりの放課後家デート。貴方は私にくっついてきたり甘えたりしてくるものの、全く相手にしない私にキスをしてきて…。

望美  >  んっ、、…待って…優太、っ、(舌を絡め合っていると…)はぁ…っ、、(無言でゆっくり頷く  (0:35:27)
柳生 優太  >  (ベッドに望美を寝かせて制服の上をはだけさせる。ブラが少し見えて)半脱ぎくらいの方が興奮する…(そー言って胸を優しく触りだす。軽いキスを何度もしながら)  (0:38:07)
望美  >  ん…(下から優太を見上げ)…久しぶりだから…お、お手柔らかに…(変な口調になり緊張しているのがバレバレで…  (0:45:05)
柳生 優太  >  ごめん。無理。緊張せんとって?大丈夫やけ(服をたくし上げ胸を露出させると、直に優しく揉みしだいて。乳首は少しづつ立ってきてて)もー乳首立ってきたよ…?気持ちいい?  (0:47:29)
望美  >  無理って…(久しぶりに余裕のなさそうな優太を見て)ん……っ、…(気持ちいいか聞かれれば顔を横に振りなら)ん…っ、、  (0:48:49)
柳生 優太  >  (乳首を舌で転がす。片方の手で胸を触り、もう片方はスカートの中へ伸びて)俺もさ、久しぶりやけちょっと理性が…  (0:51:33)
望美  >  っぁ…んん、、(小さく声を上げて)…っ、はぁ…ゃ、、(足をよじらせ)優太…っ、  (0:52:41)
柳生 優太  >  もっと声聞かせて…?めっちゃ興奮するけ(スカートもまくり上げてパンツの上から割れ目をなぞる。少し濡れてきていて)もー濡れてきとるよ?  (0:56:38)
望美  >  (興奮すると言われ顔を赤くし思わず唇を噛み締めて)…っ、ん……んん…(顔を横に向け)…言わない、で…っ(優太の指にピクピク反応して  (0:58:13)
柳生 優太  >  (パンツの中に手を入れて直に触る。入口に指をあてがって)じゃ指入れちゃうねー。(片手で固くなった乳首を弄りながら)  (1:00:26)
望美  >  っあ(思わず優太に手を伸ばし…首に腕を回しぎゅっと抱きついて)…優太…っ、…(指を締め付けて  (1:01:34)
柳生 優太  >  やば…めっちゃ溢れてきとるよ…?(もうぐしょぐしょになってて、少し出し入れする。やらしい音が響く。)望美も俺のこと気持ちよくして?  (1:03:06)
望美  >  っ、ん(ゆっくり頷くと体を起こして優太のズボンのチャックを下ろし優しく触りながら)…ぬい、で…?(涙目でパンツを降ろすようにお願いして  (1:05:47)
柳生 優太  >  (自分でパンツを下ろしてギンギンになったそれを望美の目の前に差し出す)ゆっくり舐めて?  (1:07:44)
望美  >  …ん、、(頷いて下から上に何度もゆっくり舐め上げ)んぅ…(先をくわえて)  (1:13:12)