今日は子供の入学式。終わって夫婦だけでの帰り道の車の中。レス気味なのにいつもと違うフォーマルウェアの妻に欲情してしまい・・

山下裕二  >  (それを聞けば余計に声を上げさせたくなり・・・谷間の奥に舌を差し入れて卑猥にくねらせる・・と同時にクリトリスを指の腹で弾くように・・・・もう片方の手が硬く尖った乳首に伸びる)  (12:48:07)
結衣  >  ん、んん…っ(泣きそうな声で我慢するが、耐えきれずに)…裕、二…っ、裕二…っ(消えそうな声で相手の名前を呼ぶ)  (12:50:22)
山下裕二  >  なぁに?・・・ママ・・・欲しくなっちゃった?(言い終えると返事を促すように一層激しく蜜を吸い上げる・・・卑猥な音が部屋中に響く)・・・ほら、ママこんなになってる  (12:51:46)
結衣  >  (高揚した気持ちのまま小さな声で)…うん…っ  (12:54:15)
山下裕二  >  (体を入れ替えて・・・結衣を下にして・・・結衣が恥ずかしくないように・・布団も一緒に・・覆いかぶさるようにして・・・その中で・・脚を大きく開かせて・・・)ほら・・・ママ・・入るよ・・・・(先っぽをあてがう)  (12:56:22)
結衣  >  (布団で体が隠れる安心感からか、無意識に自ら腰が動く)…っ、うん…(相手の肩に手を置いて)  (12:58:51)
山下裕二  >  (そのまま腰をグラインドさせるようにゆっくりと・・・そして根元まで優しく埋め込む・・・)ほ・・ら・・・入った・・・・んn!  (13:00:06)
結衣  >  ん…ん…、(中に入っている感覚に体が高揚して、相手の首筋をゆっくり指で撫でる)…うん(ゆっくり腰を動かし)  (13:02:51)
山下裕二  >  (結衣の腰の動きに合わせるように腰を前後に揺らし始めて・・・)あぁ・・・気持ちいいよ・・・結衣・・・(ママとは呼ばずに・・)愛してるよ・・・昔から・・今も・・・・・(言い終えると唇を重ねてさらに腰をピストン)  (13:04:38)
結衣  >  (相手の首元に腕を回して抱きつき、相手の耳元で吐息まじりに)私も…っ、裕二…っ(相手の耳を舐める)  (13:06:53)
山下裕二  >  (布団の下で見えないが・・結衣の両足をしっかりと腰に回させて・・・激しくつらぬきはじめる・・・)あぁ・・結衣・・・ほら・・いいよ!・・すごくいい!・・・結衣も感じる?  (13:08:17)
結衣  >  ん、ん…っ(うなずくように声を短く発して)…そこ…、もっと…(いつもは良いところに当たると「やめて」と発するが、今回は無意識に求めてしまう)  (13:10:41)
山下裕二  >  ここ・・・・いいんだ?・・・・いつも嫌がってたのに・・ここが今日はいいんだね?・・(そう言うと結衣がもっととせがむところに当たるように)  (13:12:15)
結衣  >  …ん、んん(腰の動きに合わせて、頷くように声を漏らす)…んん…(頭が真っ白になり無意識に腰が動き快感に溺れる)  (13:14:28)
山下裕二  >  あぁ・・・結衣・・・・(結衣の腰の動きに合わせて腰を動かせば求められる場所をさらに激しくこするようで・・・頂点が近づきそうになる・・・・)すごくいいよ・・・  (13:16:26)