歳上の彼氏は会社ではクールで冷たい感じだけど陽奈の前だけは優しくて甘々な彼…毎日彼が帰って来ると甘えまくる陽奈…二人してイチャイチャが止まらず一緒にベッドに行き

日向 陽奈  >  …ゃっ…汚いょ…ぁっぁ…(すぐに勇治の舌が這い…枕を握り締め…腰を浮かせながら激しく感じる)ひゃぁぁ…ぁっぁ…っ…勇治…(クリがピクピク震える)  (1:29:02)
斎藤 勇治  >  汚くないよ、陽奈のえっちなお汁美味しい…(足を開かせ何度もそこを舐め)ちゅ…レロッレロッレロッレロッ(とクリを舌で弾くように  (1:30:12)
日向 陽奈  >  …ぁぁぁ…っ…(感じながら舐める勇治を見つめ)んん…っ…気持ちぃ…勇治…気持ちぃぃょ…  (1:31:07)
斎藤 勇治  >  んっ…ちゅっ…ぬちゅっ…(おまんこにも舌をねじ込んで抜き差しをして)  (1:31:48)
日向 陽奈  >  …はぁはぁ…はぁ…はぁ…勇治…すごい…えっち…  (1:32:14)
日向 陽奈  >  …んぁぁ…ぁぁぁ…(浮かせた腰を震わせ)それ…っぁ…気持ちぃぃ…  (1:32:58)
斎藤 勇治  >  えっちな俺嫌い?(ふっと笑いながらまた舌をねじ込んで)ぬちゅっぬちゅっ  (1:33:40)
日向 陽奈  >  …陽奈にだけなら…はぁはぁ…好き…んっ…んはぁぁ…(見つめながら感じる)  (1:34:45)
斎藤 勇治  >  陽奈にしかこんなことしないよ?(おまんこに指を入れてかき混ぜながら見つめ返し)  (1:35:33)
日向 陽奈  >  …ゃぁぁぁ…っ…(泣きそうな声で感じ)…勇治…っ…抱き締めて…(手の伸ばす)  (1:36:37)
日向 陽奈  >  (かき混ぜるたびに愛液がシーツに飛び散る)  (1:37:02)
斎藤 勇治  >  んっ。どうしたの?(片腕でしっかり抱きしめ、中の壁を撫でるように抜き差ししながら)  (1:37:14)
日向 陽奈  >  (震えながら抱き締められ)ぁぁぁ…ぁっぁ…何か…っぁぁ…出ちゃぅ…  (1:38:28)
斎藤 勇治  >  いいよ…力抜いてそのまま感じるままでいいよ(中の指を少し激しくしながらぐちゅっぐちゅと)  (1:39:27)