幼馴染の関係にあるあなたと毎日自宅で勉強をするのが日課。次のテストで勝ったほうは何でも言うことを聞かせることができるという約束をしてしまい…学校一の巨乳、デカ尻と噂されているあなたに下心ばかりの幼馴染相手

庄司沙也加  >  んっんぅっ…もう、この年だよっ?…子どもの頃とは変わるよ….  (1:47:27)
結崎幸介  >  んっちゅ…沙也加のおっぱい…おいしい…(腹部に手を撫でおろしショーツのほうへ…)・・・彼氏…いたことあんの?…  (1:48:44)
庄司沙也加  >  いつもっんっ…幸介といるんだから、いたことなんかっ…ぁっ…(我慢していたわずかな喘ぎが漏れ)  (1:50:14)
結崎幸介  >  学校の奴らいっつも…お前のことやらしい感じで見てて…なんか腹立ったからさ(ショーツ越しに割れ目を撫で)  (1:51:07)
庄司沙也加  >  ちょっ、ちょっと、そこだけはダメっ…(秘部だけはと思ってそう言うと)  (1:51:57)
結崎幸介  >  なんでだよ…好きな奴いるのか?…(そう言ってショーツに手をかけてゆっくりと降ろし始め)  (1:52:36)
庄司沙也加  >  やっやだっ、初めてはちゃんとしたいのっ….(泣きそうな顔になって)  (1:53:19)
結崎幸介  >  !…ごめん…や、優しくするから…(そっと唇を重ねる…初キス…)…っ…  (1:54:21)
庄司沙也加  >  んっ…(キスを受け入れて)….順番変だけど、幸介、好き  (1:55:23)
結崎幸介  >  …!…俺も…こんな感じになっちゃったけど…好きだ…(キスを重ねるとゆっくり太ももから秘部へと指をなぞり)  (1:56:38)
庄司沙也加  >  んっチュッ…はっぁっ….嬉しいっんっ両思いでよかったっ  (1:57:34)
結崎幸介  >  俺のほうがずっと前から好きだったんだからな…(秘部に指をなぞると濡れ濡れで…何度も指を滑らせ)  (1:58:34)
庄司沙也加  >  ぁっぁぁんっ…(敏感なところを触れられて喘ぎが明確に漏れ始め)…やだっぁっ恥ずかしい  (1:59:34)
結崎幸介  >  凄い熱い…俺ももうやばいかも…(そう言ってチャックを下し陰部を露出する…沙也加の両足を広げ)  (2:00:24)
庄司沙也加  >  まっ待って、….(痛みがあると聞くからそれに耐えるように目を閉じて)…優しくしてね  (2:02:06)