残業中、オフィスに二人きり。。あいはあなたのまえでスカートをまくりあげて、誘惑をはじめる。あいのお尻には極太のアナルバイブが。あなたはあいのアナルバイブを使い鬼畜の限りをつくす

斎藤貴之  >  カタカタカタッ…はぁー…(パソコンに向かいながら、溜息をつく。)あいちゃん後どれくらいで仕事終わるの?  (17:31:38)
あい  >  貴之さん、ちょっといいですか??あい、相談があるんですが。。。  (17:33:03)
斎藤貴之  >  ん?あぁ、いいけど、どうしたの?(相談なんかされた事なく不思議に思う  (17:33:55)
あい  >  あい、ちょっと具合の悪いところがあって、、、みてほしいんです。。。  (17:35:14)
あい  >  (スカートをもじもじしながら  (17:35:24)
斎藤貴之  >  大丈夫?具合悪いって…残業してる場合じゃないだろ…(まさかアナルバイブなんて思っていない  (17:36:19)
あい  >  いえ、その。。。あい、お尻が具合わるいんです。。を  (17:39:04)
斎藤貴之  >  お尻…って…痔か?しかも見てって言われてもな…(前々から可愛いと思っていたあいの尻を見るチャンスだ…)見てあげるよ、見せて…  (17:40:43)
あい  >  あい、彼氏に、罰を与えられて、、朝からこれ、いれられっぱなしなんです。。。(スカートをまくりあげて、Tバックとアナルバイブを食い込ませた白桃のようなお尻を丸出しにする  (17:41:45)
斎藤貴之  >  …えっ…あぁ、彼氏に…(すごいあいの尻だ…これが…)入れっぱなしで具合悪いのか?パンティのシミが凄いぞ?(バイブを指で押す  (17:43:43)
あい  >  あいのお尻のバイブ、、、抜いてくれますか??(尻たぶを両手でつかんで左右にグィッとひろげてみせる  (17:46:58)
斎藤貴之  >  あーっ…(Tバッグをゆっくり下ろしてバイブを掴むと更に奥へと突き刺す)こうか?あい…(あー、あいのケツの穴…  (17:48:27)