夜遅くに公園で一人の幼女(私)。私を見つけて心配した貴方が声をかけてきて初めてのイケナイ遊びを

夏菜子  >  (また手で撫でられて)う…うん、お腹の下がムズムズして、はぁ…出ちゃうの(まだ濡れてきて)  (5:28:19)
山崎洋介  >  そうなんだ……。大丈夫…我慢しなくてもいいからね…?夏菜子ちゃん。(そう囁きながら少女の反応を窺いつつ、指先は…その幼い花弁をそっと開き、優しく蜜を伸ばすように敏感なそれを更に…弄り続けるようで)  (5:30:09)
夏菜子  >  あっ…//あっ…ん…(手で口を押さえて)((何か、声出ちゃう))…んん~//…  (5:31:29)
山崎洋介  >  (少女の口元からあふれる小さな吐息…幼いながらも妖艶な嬌声を上げ始める様子に…にやりと笑みを浮かべ、その顔を内腿へと近づけばそれを舐めるように舌を這わす…。そして…指先はそっと花弁を弄りながら…)ん…大丈夫かな…夏菜子ちゃん…。  (5:33:27)
夏菜子  >  んっ//?…お、お兄さん…んぁ…舐めちゃ…はぁはぁ、汚いよぉ…んっ//(喋り終えるとまた手で口を塞ぎ)((だめ、またおしっこ溢れてくるよ// ))  (5:35:23)
山崎洋介  >  ん?汚くなんてないよ………。綺麗にしてあげないといけないから…ね…?(そう少女を一度眺めれば、その舌先は内腿を伝い、その蜜が溢れる花弁へと触れていく…。卑猥な音を響かせながら…少女のそれを味わい始めるようで)  (5:37:00)
夏菜子  >  あっ!//…はぁん…んん~//…(ビクビクと感じながら)((ダメ…お股変な感じ…頭痺れて考えられない// ))…はぁ…んっ//  (5:39:02)
山崎洋介  >  (卑猥に蠢くざらついた舌先…。快楽など知らなかった少女の…それに快楽を刷り込むように舌先は器用に蠢いていく。花弁を割り…小さな突起にまで絡みつきながら…両手が伸び、少女の最後の着衣である…キャミソールをも脱がしてしまった…)ん…はぁ…ん…。  (5:40:48)
夏菜子  >  はぁ…んっ//…お兄さん…(完全に感じてしまい、顔もトロトロになって)あっ…あぁ//…んぅ…ビクっ  (5:43:04)
山崎洋介  >  (ゆっくりと時間をかけた愛撫…。舌先…唇を使い、その花弁を吸い上げ…そして唾液と蜜でまぶしていく。卑猥な音を交えながら…30分近くの快楽の時間…。ゆっくりとその顔を上げ、とろとろとなった少女の顔を見れば…)ん…はぁ…気持ちいい?夏菜子ちゃん…(すでに布団の上で裸体へとなった少女へ)  (5:44:36)
夏菜子  >  んっ…はぁ…はぁ…(この感覚がきもちいということに気づき、)気持ぃよ…お兄さん…はぁ…  (5:46:13)
山崎洋介  >  (素直な言葉を紡ぐ少女。それを見れば笑みを浮かべながら、自らの着衣もその目の前で脱いでいく。少女と同じく裸体へと変わりながら…)ふふ…そっかそっか…それならよかった。こういう遊びがあるの…夏菜子ちゃんは知らなかった?  (5:47:51)
夏菜子  >  知らない…はぁ…(力が抜けた状態で息を荒げたまま)  (5:49:07)
山崎洋介  >  じゃぁ…初めてだね…。…この遊び…。時間もあるし…もっと遊んでみよっか…お兄ちゃんとさ?(そう言いながら裸体の少女に重なり、その舌先がまだふくらみかけの乳房…うなじ…その若い肌を味わうように這わされ初めている)  (5:51:17)