jk1のみくは身長が小さく、電車の手すりに捕まるには背伸びをしないと届かない。ある日、通学電車で痴漢に会ってしまう。痴漢は、みくに両手でひとつの手すりに捕まらせ、背伸びをして油断すると倒れてしまいそうなみくを、好き放題に触りはじめて

痴漢  >  じゃあ、次で降りよう…?(保護者のように優しく抱き包んであげつつも、背中側には膨らんだおちんちんがぐいぐい押し付けられていって、ちょうどよく電車が止まると、2人揃って降りていき)ね、名前と、何処の学校の何年生なのかな?  (11:50:13)
みく  >  は…はい…(痴漢に手を繋がれて一緒の駅に降りて)名前…みくです…学校はその…(言ってしまったら、学校に来るかもしれない不安で言うことはできず…しかし、ミニスカートな制服は、特徴的で少し調べればすぐにわかってしまう)  (11:52:03)
痴漢  >  ふふ、じっくり見てるから分かるよ?みくちゃんの口から、聞いて見たいな?(学校は分かってることを含ませつつ、小さなみくちゃんと手を繋いで駅を抜けるとお店が広がり)みくちゃん、ラブホとネカフェ、どっちがいいかな?  (11:56:46)
みく  >  …○○女子高です(この人は、わかっている。そう思い、隠していたらよくないと感じて素直に言って)…ね、ネカフェでお願いします(ラブホだと、どんどんエスカレートしそうな気がするけど、ネカフェなら隣に人がいるし最悪シャワー室に逃げることもできる。エスカレートはしないだろうと考えて)  (11:59:22)
痴漢  >  女子高校生だったんだねー。何年生?(わざとらしく驚きつつ、2人が会員証を持ってるネカフェに着くと、明らかに店員の怪しげな視線を受けつつファマリーシートの広々とした個室に入ると、みくちゃんを正面に迎えて)改めておっきいおっぱいだよね…何カップなのかな?f?】  (12:03:12)
みく  >  一年です…(話してるうちに、ネカフェにつくとそのままファミリーシートに入り…どうやら今日は人が多いみたいで、両隣にも人がいるみたいで)…そ、そんなには…Dです…(小さな声で答えて。隣の人に聞かれたくないためだ)  (12:05:23)
痴漢  >  そうなんだ…でも絶対それ以上あるよ……(みくちゃんを座らせると改めておっぱいをしたから持ち上げて揉み出し、電車じゃできなかった左右別に動かしたり、これからするパイズリみたいに真ん中に寄せて上下させたり)みくちゃんは…パイズリ、したいんだよね?  (12:09:30)
みく  >  んっ…!(向かいあう形で胸を揉まれ…両手は下ろして抵抗はせず…恥ずかしさで顔を背け、目を閉じながら揉まれて…)は、はい…お、おじさんにパイズリ…し、したいです…(痴漢は何も気にせず普通の声で喋るため、ばれないかひやひやしながら小さな声で…)  (12:12:15)
痴漢  >  ん?よく聞こえなかったな…?(カーディガンのボタンを外していき、セーラー服の真ん中のボタンも外して左右に開くと可愛らしいブラが見えて興奮は高ぶり、ズボンを目の前に突きつけてあげて)じゃあ、ズボンを流したら、パイズリってどんなことなのか、おじさんの耳元で囁いてくれるかな?  (12:15:47)
みく  >  …っ(されるがまま脱がされていく…痴漢されてたときは、何回か脱がされたことはあれどマジマジと見られたことはなく…)おっぱいで…その…おじさんの…おちんちんを…挟むこと…(恥ずかしさで顔が真っ赤になりながら、ズボンを下ろして…)  (12:18:38)
痴漢  >  おちんちんを挟んでどうするのかな?おちんちんから何が出て、どこにどーなっちゃう?(耳元でえっちな事を囁き合って煽りながら、手を導いて直におちんちんを触らせてあげて)みくちゃん、初めてだよね?  (12:20:44)
みく  >  挟んで…その…あの…(エッチなことを囁かれすぎて、今にも恥ずかしさで泣きそうになっていると、おちんちんを握らされて…)あ、う…(たまに、握らされたことはあったけど、直に触ったことはなくて…)(手でびくびくしている物の硬さや大きさに戸惑いながら…)  (12:23:55)
痴漢  >  おちんちん気持ちよくしたら、母とおっぱいにせーしぶっかけられちゃいますって…(言葉に詰まったのを幸いにとえっちな言葉を言うように促しつつ、みくちゃんの小さな手を上から包んでおちんちんの感触をたっぷり味あわさてあげて)ほら、初めてのおちんちん、ちゃーんと覚えてね?  (12:25:48)
みく  >  あ、うぅ…おちんちんを気持ちよくして…顔とおっぱいにせいし…かけられます…(エッチなことを言わされながら、手は無理やりおちんちんの感触を覚えさせられ…)…はい…(顔を背けると無理やり見せつけられて…知りたくなくても知ってしまう…)  (12:28:18)
痴漢  >  おちんちんどうなってる…?聞こえるように言ってみて…?(されるがままの気弱なロリ巨乳なみくちゃんにさらにえっちな事を言わせようと体を少しだけ離しつつもおちんちんは熱くて硬いままでびくびくと強く脈動して、みくちゃんの手を我慢汁でぬるぬるにしていき)  (12:30:06)