声をかけられ振り返ると、いやらしい巨乳を揺らした美少女のありすが微笑んでいた…貴方はお礼に何か奢らせてほしいと、高校生のありすを強引にカラオケに誘って

鳥海慶  >  またまた。ありすちゃんより可愛い子がいっぱいいるなんて想像ができないよ。高校じゃなくって、アイドルの養成所か何かかな?(そんな冗談を言いながら彼女の生脚や胸元、腰のラインに目を向けて)そうなんだね、男の子と遊んだりはしないの?彼氏とか……。(聞きながら、とりあえず飲み物を注文してしまう慶。ありすを酔わせるためのアルコール入りカクテル……スクリュードライバーを)  (19:57:12)
姫宮ありす  >  いえ、私女子校ですし、彼氏はいないんです。(にこりとしながら、ソファへと座るとミニスカは更に短くなったようにも感じられ、生足が更に強調されるようだった。座ると同時に柔らかな巨乳もぷるんと揺れて)  (20:01:11)
鳥海慶  >  へぇ、女子高なんだね。それじゃあひょっとして、すごいお嬢様だったりするのかな?彼氏いなんだ?もったいないなぁ、僕が同い年くらいだったらすぐ告っちゃうよ、絶対。(裾から覗く生脚と今にも見えそうな下着。それに、とびきりたわわな胸元に慶はだんだん自分が興奮してくるのを感じ)ほら、飲み物が来たよ……。(自分用のコーヒー、ありす用には甘いカクテルが。濃い目に注文した……アルコール度数の高いものを)ちょっといいオレンジジュースだよ。美味しいよ?(などと勧め)  (20:04:27)
姫宮ありす  >  そんな…告白なんてされたことないから…嬉しいです(言われると少し上目使いで見つめるありす…少し上目使いなせいかブラウスの胸元からチラリと一瞬谷間が見えてしまった…もしかしから…カクテルなど必要ないかもと思わせるほどの視線で…)  (20:08:28)
鳥海慶  >  ……。(上目遣いの視線とちらりとのぞく胸元に、慶は少しありすの方に近づき)同い年くらいじゃなくても、告っちゃうかもしれないな。……そんな目で、男を見たらいけないよ。(ふいに、ありすの髪の毛にそっと手を伸ばして撫で擦り。肩にそっと手を置いて)  (20:11:12)
姫宮ありす  >  そんな…ありす、そんなつもりじゃ…(言葉では否定しながらも、髪を触られても近寄られても、肩を触られても逃げることもなく…じっとしていて…)  (20:13:44)
鳥海慶  >  ……逃げないと……悪戯されちゃうよ。……(じっとしたままのとびきりの美少女の首筋のあたりに唇を軽く押し付ける。チュッ、と音を鳴らして。手のひらがありすの腿の辺りにのび)  (20:16:15)
姫宮ありす  >  ぁっ…こんなこと…ダメですよぉ…(こちらも逃げることもなく、否定しながらも言葉に否定の意味はほとんどなかった。生の太ももを触られると若いせいか吸い付くようで…)  (20:17:47)
鳥海慶  >  いい匂いだね……(うなじにそのまま幾度かキスをすると、すべすべとした吸いつくような白い肌を弄ぶように何度か腿を指が往復すると……スカートの中に潜り込んでいく)ありすちゃん、綺麗だな……近くで見ると本当に……(少女の可憐な唇に、自分の唇をそっと押し付けて)  (20:20:01)
姫宮ありす  >  ぁっ…んっ、ちゅ…(無理やりキスをされてしまえば、抵抗もせずに受け止めるしかなかった。その間もミニスカの中に手を入れられてしまうとビクッと小さく身体を震わせながら… )っ…  (20:21:50)
鳥海慶  >  ん……れろ……(舌を強引にねじ込むようにして、唾液をたっぷりありすのお口に送り込む。指先はとうとうありすの下着の上までたどり着く。ありすの一番大事な女の子の部分を、男の指はいやらしくつつきはじめる。ぷにぷにした割れ目の両側……クリトリスのあたり……割れ目を上下に……スリスリ)  (20:24:22)
姫宮ありす  >  んん…っ…(無理やり唾液を流し込まれると、戸惑いながらも初めて会ったばかりの貴方の唾液をこくんと飲み込んでしまうありす。すりすりと下着の上から撫でられてしまうとぐちゅっといやらしい蜜がじわりと溢れてきてしまい…)んっ…  (20:26:15)
鳥海慶  >  濡れてるよ。ありすちゃん……(指先がぷにっとした割れ目の両側を押し開くようにして、布一枚隔てた向こう側……美少女の膣の入口を……反応を窺いながら丁寧に弄ってやり)こういうふうにされたかったの?……(耳元で意地悪く囁きながら、とうとう下着の中へ指が入り込んでしまい)  (20:28:42)
姫宮ありす  >  ぁっ…ハァ…ハァ…ち、ちがっ…(耳元で囁かれると否定しようとするが、簡単に下着の中へとぬるっと入ってしまうと、パイパンは既にびしょびしょになってしまっていた。熱を持ち始めながら、小さく首を振る…)  (20:30:46)
鳥海慶  >  違うの?そうだよね……こんなに清楚な美少女が、会ったばかりの男に感じるなんて……もし感じて、ぐちゅぐちゅに濡らしたりなんかしたら、「淫乱」だよ……「インラン」……(少女を追い詰めるように耳元で囁きながら、指はぬるぬると濡れたパイパン割れ目の間を探って。もう一方の手は制服の上着の裾から潜り込んで……たわわな乳房をめざし)  (20:33:10)