母親よりも先に相手の中年のおじさんと肉体関係を持つようになる…ファザコンな小麦色に日焼けした水泳部の子

田村哲士  >  ほんとに、この子ったら…………おやの顔が見てみたいよ(冗談を言いながら母親がプレゼントしてくれたYシャツのネクタイを緩めながら、生唾をゴクンと飲むと、春菜の脚の間に入り、小麦色に日焼けした太股や脹ら脛の筋肉の筋がピクッピクッなるのを見ながらその筋に沿って舐めながら、春菜が指定しているであろう部分にバナー近づけ荷負を嗅ぐと、膣液とオシッコと汗がまざりあった放課後のいつもの酸いぃ臭いのするところにヤニ臭い分厚い舌を小陰唇中の尿道口に宛がうと舌先でチロチロする、太い指はクリトリスの皮を剥き指の原で転がすようにする、制服は、決して脱がさない、第2ランウンドはいつものように、V字型のマイクロスクール水着)  (23:55:56)
相川 春菜  >  えぇ~…あ…っ、親の顔って…んっ、いま…おまんこ舐めてまぁ~す…(ヤニ臭い指で肉芽を弄ばれビクッと腰が浮いてしまう…舌先でまだ幼い16歳の恥部を  (0:01:42)
田村哲士  >  ふっ、パパが逝かせられないとでも思っているのかい?(部活の競泳水着を着ている所だけ白くなっている乳房を爪を立てて掴むと器用に太い指で乳首を挟みながら持ち上げるように揉んだり、形が変わる!くらいに上下左右に揉みながら、分厚い舌は小さく勃起したクリトリスに移動する…………うらがわらなんか、綺麗に洗っていないのか、何日か分の膣垢がたまっていて、それを綺麗に舐めとるように激しく舌先をうごかしたり、志多の全体で覆うようにしてあげる……………指は相変わらず16才の乳房を契れるくらいに手淫している)  (0:13:04)
田村哲士  >  (赤いリボン………白のYシャツ………紺のプリーツミニスカ………黒のソックス…………それが歯大に乱れてきて、パパの興奮を盛りたてる)  (0:15:07)
相川 春菜  >  あ、んっ…やぁん、おっぱい…壊れちゃ…あぁん!(腰をビクビクと上下させ必死に押し寄せる絶頂感から耐えるも頬は紅潮し田村の顔目掛けてピュッと潮を吹いてしまう)あ、あぁん…ずるい…(肩で息をしながら嫉しそうに田村を見る。頬を膨らませる様はあどけない16歳の顔…)もう、いっつも弱いとこばっか…ベッド…(田村にベッドに仰向けに寝転がる様に促し、田村のスラックスのファスナーを下げ下着の排尿時にしか使わないであろう穴から肉棒の顔を出させる。)  (0:20:59)
田村哲士  >  ふふっ、大人のパパに勝てるわけないだろ?(春菜のいつもの行為を期待して、ファスナーから顔を出した大人の肉棒は、赤黒く脈打って臍まで反り立っている……………何度も何度も春菜の上のお口や下のお口を犯してきた大人の肉棒………春菜が下を向くたびに白い乳房がパパのお腹に当たり指で乳首をいじくりながら)春菜はお父さんを看病してくれてるんだよね?ふふっ…………お母さんは、今ごろ病院で、患者さんを患者しているんだね?(携帯の動画のスイッチを既に入れていて。何ヵ月あとに、それを母親に見られて、ショックを受けたが、田村を春菜に譲ることにして。世間体を考えて、一緒に住むが、婚姻届は春菜とすることになる…………現役女子高生の幼妻になることなど、今は二人ともしるはずもなく)  (0:28:36)
相川 春菜  >  ふんっ、意地悪…でも…いいの?パパはハルのおまんこ大好きでしょ?ほら…(何度も何度も犯し、幼い子宮に種漬けをしてきた肉棒の亀頭をゆっくりと肉穴に挿入する。亀頭がにゅぷりと入ると亀頭だけを咥えたまま腰で円を描く様にグラインドさせる…田村の白濁した我慢汁が膣内に染み込む様にねっとりと腰をくねらせる)あ…やばぁい…これ気持ちぃ…(赤黒く強張り脈打つ肉棒に厭らしい本気汁が垂れる…それを潤滑液にするように厭らしい手つきで竿を扱き出す…)ねぇ…このまま、射精して…?(鼻から息が漏れるほど興奮し、父親になるであろう男のオナホに…)  (0:37:31)
田村哲士  >  わかったよ、ほんとにわがままなんだから…………(制服を着たままパパの大きなカリだけを入れてグラインドさせる光景が厭らしくて)ほら、言って?年齢と学年とパパ達の関係をカメラに向かって…………言って?(下からブラをまくりあげて、腰を動かすたびに揺れる乳房をもみ上げながら)奥まで入ってないが……………いいんだね?16才のおまんこに、いつものように…………いいんだね?(あまりの厭らしい光景が何度セックスしても慣れなくて、輿を激しく動かし、そのまま春菜の幼い膣穴に於莵なの濃くてドロドロのザーメンを勢いよく噴き出す)はぅ…………いぐぅ、春菜のおまんこで…………いぐぅ!(故紙が小刻みに振動する)  (0:45:17)
相川 春菜  >  (まるで生きたダッチワイフの様に16歳の体を扱う田村…ビクビクと艶かしく腰を振りながらカメラに向かいプリクラでも撮るかな様にピースをする)あん…はぁ…16歳の高校1年生です…新しく出来たパパに…種付けされてます…あ、あぁ…おっぱいも、おまんこも…パパにオナホみたいに…扱われて…あぁんっ!16歳の…おまんこ…いつも…種汁…あぁぁぁん!(亀頭だけ…亀頭だけの挿入なのに、初めての時の様にぎゅっと締め付ける…絞り取る様に、射精途中の痙攣する肉棒をズッポリと根元まで咥え込み陰毛が絡み合う程密着させる)はぁ…はぁ…1回目、16歳.高校1年生のおまんこに種付けでぇす…(いまだ射精し続ける父親の肉棒を子宮口まで絞る様に咥え腰をグラインドさせる)…ふふっ、気持ち良すぎ…(16歳とは思えない腰つきで絞り取る…ラブホのフロントにいた同級生達はこんな事は一生の内、やらないであろう…)あ…おしっこ…したい…早く、口開けて…あ、溢れちゃうから指で栓してね。(ゆっくりと肉棒を抜くと父親の顔面に跨り、普通の親子では決してしない…父親の口に尿道を合わせる)  (1:00:45)
田村哲士  >  (いつものようにちゃんと約束を守ってくれる優しい春菜…………小さな尿道口を太い指で蓋をしながら、大きく口を開けてゆっくりと、大きな樽からウィスキーを出すように、チョロチョロと口のなかにいれる…………たまに指がずれると勢いよく噴き出して溺れそうになるが………16才の生あたたかい尿はアンモニア臭がきつく、スナクック菓子を多く食べているせいか、いつもよりしょっぱくて……………こんな高慶を母親に動画で見られるなんて思うはずもなく、16才の尿を一滴も溢さないようにゴクゴクのどを鳴らしながら味わう)ふふっ、こんな光景……………クラスメートが見たら…………どう思うだろうね?皆より背が小さく、中学生に間違えられかねない、春菜のこんな姿…………お母さんなら、腎臓止まるかもよ?(肉棒の先は春菜の膣液でヌルヌルになっている)  (1:10:15)
相川 春菜  >  あ…ふぅ…おしっこしてるハルより…パパのがやばぁい~(勢いよく出ない様に膣と尿道に力を入れながら排尿…子どもの頃は母にトイレ以外でははしたないからしてはいけないと躾けられていたのに…)あぁ、溢れちゃうから…喋らないで…手、空いてるんでしょ?(田村の左手を掴み、股間の方は誘う…)自分でシコシコして?ね?(にっこりと笑い意地悪く口に恥部を押し付け鼻をつまむ…)大変~パパがハルのおしっこで溺れちゃう~(ニヤリと笑い厭らしく今度は父親の口に膣口を擦り付ける)…ふふ、根元まで入れちゃったらパパの精液…ねっとりし過ぎて垂れてこないの~(肉棒を扱く左手をチラリと見てから、少し顔を近づけ…)…出そうになったら言って?…まだ出るでしょ?パパ大好きだもんね…16歳の高校1年生のオナホール。(さらに挑発する様に父親の見ている目の前乳房を鷲掴みにし、乳首を使ったオナニーを見せつける)  (1:23:39)