単位を落としそうになりブサメン先生に直談判、欠席超過ではどうしようもないと断られかけるが、そのとき、彼の目線があなたの足や胸元をチラ見しているのに気づく

鈴木先生  >  うっ、うぅぅ……(まずいと思う。リスクが大きいとは思うけれど、手に伝わってくる乳房の感触に、その判断はかき消されていく……)あ、あ、あの、さ、最後まで、そ、そのしちゃっていいんですよ、ね?  (17:08:45)
清水美紀  >  (苦悩するような声をあげる先生がおかしい…ニットを脱いだせいでさっきよりも胸の感触は先生に伝わっていて…ボタンが外れた胸元からは白い肌が見えている…最後までって聞かれると…こんな人とするなんて嫌という気持ちがわき上がってしまうけれど…卒業のためなら仕方なくて…うなずいて…)…はい…  (17:11:21)
鈴木先生  >  あぁ、あぁぁっ……清水さん、清水さん……!(教え子の若く、白い肌を自由にできるのだと思えば、どうしようもなく高ぶってしまう。清水をソファに押し倒して、胸をもみくちゃにもんで……)ハァハァハァ……あぁ、あぁっ!  (17:13:11)
清水美紀  >  (先生の気持ちがついに決壊したみたいになって…押し倒される…)…あっ!…先生!…(嫌だという気持ちもよぎりながらこれで単位をもらえそうという安堵感もあって…白いブラウスがよれるほど激しく胸を揉まれ…弾みでさらに一つボタンが外れて…ピンク色のブラが露わになって…)…ん…  (17:15:59)
鈴木先生  >  あぁっ、ああぁっ!清水さん、可愛い……可愛いよぉ……(妻しか女を知らず、どう扱っていいか知るはずもない。欲情に任せてもみしだけば、ピンクの可愛いブラがあらわになって。さらに興奮して……)脱がすよ? い、い、いいよね?  (17:17:17)
清水美紀  >  (さっきまでの堅い先生から豹変して…ただの男になっていて…その変貌に少し驚いてしまう…)…は…はい…(慌てるように脱がせたがる先生の目には迫力さえあって…私はうなずいて…)  (17:19:34)
鈴木先生  >  ほ、ほ、本当に、誰にも言っちゃだめだよ?(清水のブラウスに手をかければ、その行為の罪深さに再度口止めをして……)ハァハァハァ……し、清水さん、今日は僕のために、こんな可愛いブラして来てくれたの??  (17:21:09)
清水美紀  >  はい…誰にも言いません…ふたりだけの秘密です…(先生と学生が研究室でこんなことするなんてばれたらクビなんだろうなぁと思って…念を押す先生の気持ちもわかる…)…え…まぁ…かわいいですか?…(先生のためのわけないでしょと内心思いながら…調子に乗っている先生に少しイラッとして…でも表情には出さずごまかして…)  (17:24:30)
鈴木先生  >  あぁっ、あぁぁ……(教え子とふたりだけの秘密という背徳の響きに、ぞくぞくっと背筋がふるえて……)。い、いいよね?なめても……(ピンクのブラをずらすと、清水の若いCカップのふくらみがぷるんと顔をのぞかせて。たまらず、吸い付いて……)チュゥゥ、チュゥゥ……  (17:26:20)
清水美紀  >  (また先生は謎の声を出して…そんなに興奮しているの?と思ってしまう…)…うん…(せがむ先生にうなずくと…先生は焦った手でホックを外すこともなくブラをずらして…)…んっ…(むしゃぶりつくように吸い付かれて思わず声が漏れて…)  (17:28:59)
鈴木先生  >  あぁぁ、あぁっ、清水さん……すごい、すごいよ。あ、あんまり遊んだりとかしてないんだ? 乳首、ピンクで、すごく可愛い……。あっ、あっ、あっ……(言うなり、また赤ちゃんみたいに吸い付いて……)チュパチュパチュパ……  (17:30:52)
清水美紀  >  (先生は心底興奮しているみたいで…まあそんなに遊んでいるわけではないけれど普通に恋愛もHの経験もあるのに、勝手に純粋だと勘違いしてくれているみたいで…おかしくなってしまう…)…ん…んっ…先生…(嫌な相手とはいえ吸われるとそれなりに感じてしまう…ピンク色の乳首は少し固くなって…)  (17:34:13)
鈴木先生  >  あ、あぁ……チュパチュパチュパ……(感じてもらうと嬉しくてたまらない。清水が感じると、こちらもさらに興奮してしまう。トランクスの中の粗チンからは早くも我慢汁が……)も、もしかしたら、清水さんって、僕よりも経験少ないかもね? すごく反応も可愛いし。夢中になっちゃいそうだ……ハァハァハァ……(手を清水の背中に回し、さらに密着して吸い付く)  (17:37:27)
清水美紀  >  ん…ん…(私の甘い声と吐息が漏れる…鍵を閉めたとはいえ誰かに聞かれてはいけないと思っているけれど…これぐらいなら聞こえないだろう…嬉しそうに私の顔と反応を見てくる先生がうざい…おじさんと大学生で経験比べないでよね!と内心思って…どうせ奥さんにしか相手してもらえないくせに…)…ん…うう…(でも単位のためだと思って…私も先生の背中に手を回し抱きついて…)…先生…  (17:41:12)
鈴木先生  >  あぁぁっ、な、な、なんか、こうしてるとさ、彼氏と彼女みたいだよね?お互い抱きしめあって……ハァハァハァ……(自分の言葉でさらに興奮して……)あ、あのさ、ぬ、脱がしてもらっていい?僕のズボン…  (17:43:14)