大学生の私は始めて逆デリヘルを頼みホテルの部屋、ベッドの上で座りながら後ろからクリ責めをされ絶頂を迎えるとそのまま生で一気に挿れられ…()

涼  >  望美さんのここ…綺麗ですね(舌全体でゆっくり舐めていきながら)  (8:53:41)
望美  >  っゃ…(ピクッと反応しながら)…涼さん…(見下ろし見つめて  (8:54:22)
涼  >  それにこんなに濡らして…ずっとしてなかったんですか?(卑猥な音を撫でながら舌先を中へと入れ)  (8:56:11)
望美  >  一年くらいは…っあ…(腰が浮き)んっ…  (8:56:57)
涼  >  じゃあ溜まってたのも無理ないですね…(腰を掴みロックすればクリトリスに吸い付きながら舐めて)  (8:59:12)
望美  >  っ、ひゃ…(弱いとこを吸われ身体が跳ねて)涼さん…っ、や、、っ  (9:01:24)
涼  >  ここ…好きなんですね…(舌先で徐々に早く小刻みに動かしていき)  (9:03:04)
望美  >  ぁっあっ…(しばらくされると声が高くなり始め)待っ、涼さん…ダメ…っ、、(腰が動き逃げて  (9:06:13)
涼  >  逃がさないよ…(逃がさないように腰をホールドすればそのまま舐め続け)  (9:08:58)
望美  >  ぁっあ…ぁーっ、、っ(身体をビクビクさせて絶頂を迎え…)はぁっ、はぁはぁ(ぐったりとして  (9:10:55)
涼  >  今日はたくさん満たしてあげますね…(ぐったりしている彼女の腰を持ち上げれば自分のものをゆっくり挿入していき)  (9:13:07)
望美  >  ぁっ、待って…今(いったばかりで敏感になっていて)ぁあっ…  (9:14:16)
涼  >  すんなり入っちゃいましたね…(腰を上下に動かしていきながら見つめて)  (9:16:03)
望美  >  ぁっあ(涼さんを見つめ返しながら)…っ、んん…奥、当たってる…  (9:17:34)
涼  >  当ててるんです…どう?俺のは(優しく見つめながら奥へ奥へと突いていき)  (9:21:24)