塾への近道は両側が林になっている暗い道…。途中に、ほとんど人のこない公園があって、小さなトイレがある。数日前、私はそこでレイプされて

三枝一樹  >  擦れてる乳首…また変態な事を今からするのを考えたらそんなになってるんだ?立派な変態ちゃんだよね?(昨日とは違うジャージの膨らみは相変わらずで…半勃起でも快楽を与えた下半身を見られると尚更ワクワクしながら儀式の様にスライドドアを開けてはいり…レバー式の鍵を掛ける音を聞かせ)その大きなおっぱいにもおじさんは惹かれたんだ。尖ってるのは少し意外だったよ。  (0:56:21)
北島あいり  >  ごめんなさい…。なんか、本当は、いつもエッチな事ばっかり考えてるんです。でも、誰にも言えなくて…。(ドアを閉めるおじさんの横に立って、口に手を当てて、少し困った顔で…。)こんなこと、彼氏ができてもしてもらえないし…。だから、ずっと考えてるだけだったんです。でも、おじさんとお会いしてから、全部お話しできる人もいるんだって…。そう思ったら、もっといろんなこと考えるようになっちゃって。  (1:00:53)
三枝一樹  >  だから…おじさんがいるんだろ?あいりちゃんの変態願望…何でも聞いてあげるのはおじさんだけだからね(隣から高い身長でこんな時は優しく甘くキスをしてから見つめ)いやらしいあいりちゃんでもねいいんだよ?誰にも言えない性癖も、変態嗜好だって誰にでもあるんだ。それをおじさんに言ってくれたあいりちゃんには、しっかりとおじさんが教えて可愛がり…もしか虐めてあげるよ。  (1:05:36)
北島あいり  >  うん・・。ありがとうございます。(キスされると、背伸びして両手をおじさんの首に回して、唇をぎゅっと押し付けて…。それから、おじさんの目をじっと見て…。)今日も、恥ずかしくてエッチな事、いっぱいしてくださいね。わたし、どんなことでも頑張りますから。(そういうと、おじさんのからだにぎゅっ・・・と抱き着いて。)  (1:07:41)
三枝一樹  >  もちろん…あいりちゃんの身体をおじさんだけの玩具にしないとね…(抱き締められたあいりを見つめて素直にノーブラのブラウスを鷲掴みに)ほら、あいりちゃんのデカパイ…また今日もおじさんに犯されちゃってる…鷲掴みにされても張りと弾力のあるいいおつはいだよ。  (1:11:53)
北島あいり  >  うん・・・。(胸をつかまれると、それだけでぶるっ…と身震いをして、鞄から手を離すと、ドサッ・・・という音を立ててカバンが床に落ちる・・・。両手を所在無げに下におろして、おじさんの方に胸を突き出して…。)おじさん。いろんな命令してくださいね。わたし、おじさんに言われることなら、どんなことでもしますから。(そういいながら、とろんとした表情でおじさんを見つめて…。)  (1:15:13)
三枝一樹  >  じゃあ…あいりちゃんが大好きな格好にしてあげるよ。こんな場所なのにこんな格好大好きだよね?(唇を甘く重ねながらブラウスのボタンは外して脱がせ…スカートすら降ろしてシタギ、それもノーブラなので穴に借りたTバックだけの姿にしても)あいりちゃん、凄くいやらしくて似合ってるね。大きなおっぱい丸出しは恥ずかしいよね?  (1:19:40)
北島あいり  >  (ブラウスのボタンを上から外されていく…。大きな胸がブラウスを左右に広げて、手を離していても前が少し空いた感じになって…。そのまま、おじさんがしゃがんでスカートのホックとジッパーを下げられると、なにもされていないのに体がぴくっ。と震えて…。姉が貸してくれた、赤色のTバックと、前がはだけてかろうじて乳首に生地が掛かっているだけのブラウスだけの姿になって…。)う・・うん・・・。  (1:22:27)
三枝一樹  >  恥ずかしいのに…昨日みたいに太腿までいやらしいおつゆが伝ってるのは何故かな?おじさんにしっかりと教えてくれもらいたいよ(それでも愛おしく抱き締めて唇を重ねニヤつき見つめて)この公園に来るのを考えてこんなに濡らしてたんだよね?(その尖った乳首も愛おしくあいりを見つめて軽めに摘んで)写メ報告なアナルオナニーの前にはこうして乳首も可愛がってあげたの?  (1:27:45)
北島あいり  >  あっ・・・。(乳首をつままれると、背中まで快感が走って行って…。体を大きくびくっ・・・と震えさせる・・。)は・・はい。乳首も、その  (1:29:45)
北島あいり  >  この間みたいに、ぎゅってつまんで、前に突き出したり、指の間でこすったりしました…。(そういいながら、おじさんの顔をじっと見上げて…。)それから、その・・・あそこもちょっと・・・。(消え入りそうな、小さな声でつぶやいて)  (1:30:40)
三枝一樹  >  あそこは…ここだよね?(しゃがみ込むとTバック越しに顔を埋めてパイパンマンコにした股間へと顔を埋めて下を割れ目に這わせ、そこから見上げ)いやらしくおじさんに報告するのは約束じゃなかったのかな?あいりちゃん、いやらしい言葉を言うとゾクゾクするんだからおじさんに教えないとダメだよね?  (1:34:18)
北島あいり  >  う・・うん。ごめんなさい・・・。(舌で触れられると、腰を一瞬引いて・・・そのあと、足を軽く開いて、腰を前に少し出して・・・。)う、うん…。昨日、ラインもらってから、パジャマのズボンとショーツを膝までおろして…。それで、うつ伏せになって、お尻を両手で広げました…。(前のはだけたブラウスに、Tバック姿で、足を肩幅に広げて、腰を突き出して…。右手の人差し指の横を、口に軽くくわえながら、少しずつしゃべっていく…。)それから、あおむけになって、服の上から両胸を揉んで、ズボンもショーツも脱いで、正常位みたいに足を広げて…。ずっと、おじさんに見られれてることを想像しながら…。  (1:38:57)
三枝一樹  >  なら…妄想通りの格好になろうか?(下着はそのままお姫様抱っこの様に軽々と昨日剃毛もした、オムツ台へと乗せて仰向けに寝かせる…そこから愛おしく見つめて)こんな格好でおじさんに抱かれた事を思い出して大きく脚も拡げるんだったよね?  (1:42:59)