とある廃ビルにはSなふたなり痴女がいる…という噂を聞いた同じふたなりドMで変態なあなたは半信半疑でそこへ向かう。中に入った途端に急に眠くなり・・・気がつくと両手を頭の上で拘束され

梨々香  >  ふふっ…いい眺めだわ…? (久しぶりにこのビルに入ってきた女性…眠らせて、調教の服装に着替えさせてから両手を拘束して無理やり立たせている…まだ起きてなくて、ちんぽも勃起してないけど…大きくなれば17はあるかしら?…服装は乳首とちんぽの所がハート型に開いたピチピチスクール水着を着せてるわ…)いつ起きるかしら…楽しみだわ?(こちらはもうギンギンで?)  (20:51:29)
楓  >  (最近噂の廃ビルに大きなふたなりちんぽを持ったS痴女がいると聞き、興味本位で訪れてみる)ここが噂の…ほんとにいるのかな…(恐る恐る入ってすぐに記憶が途絶える)んっ…ん…ん…?(ようやく目が覚め目を開けると目の前にはギンギンにふたなりちんぽを勃起させた梨々香お姉さんが立っていて)あっ、あなたが噂のS痴女の人です…よね?本当にいたんだ…(梨々香お姉さんの姿を見ると早速顔を赤くする)  (20:56:19)
梨々香  >  あら…おはよお? 本当にいたって言ってることは…(ゆっくりと近づき…まだおっきくなってないない楓のちんぽを指でなぞりながら…耳元で) いじめられたくって…ここに来たってことよね…?? (ちんぽが私の言葉でピクっと反応したのを指で確認するとクスクスっとわらい) ねぇ…いまあなた…どんな格好をしているのか…自分でわかってる? すっごく…ど下品な格好よ?  (21:06:13)
楓  >  (出るところが出て、締まるところは引き締まっている梨々香お姉さんの身体に見惚れていると)えっ、えっ…?(動けない中で梨々香お姉さんが近づいてくると少し驚く)ひゃぁ…んっ…は、はい…い、いじめられたくて…ここにきました…(耳元でいやらしく聞かれるとドMな楓はすぐに素直になる)え?えぇぇ!?こ、こんなの…恥ずかしすぎます…(自分の格好を見ると恥ずかしさが増し、ふたなりちんぽが勃起し始める)  (21:15:12)
梨々香  >  素直な娘は好きよ…? おちんぽも素直にムクムクおっきくなって来たわね…? (後ろに回り…背中にむぎゅっと胸を付け…お尻と腰付近にちんぽをわざと密着させながら…楓の胸に手を伸ばし…) あなたもなかなかいいスタイルじゃない…でもこんなに胸が控えめで、反比例するみたいにちんぽがおっきいってことは…毎日しこしこしちゃって…ふたなりちんぽに栄養が行ってるってことよね? (耳元でつぶやきながら…乳首をコリコリ…スリスリと刺激して…)  (21:20:45)
楓  >  う、嬉しいです…んっ…あ、あの…胸が背中に当たってます…おちんぽも…(後ろから柔らかい胸と熱々ギンギンのふたなりちんぽを擦りつけられるとどんどんいやらしい気持ちになっていって)い、いやぁっ…む、胸は…ダメです…わ、私…んっ…はぁ…はぁ…胸も弱くて…それに…お姉さんが言うように毎日おちんぽしこしこしてます…(胸を少し弄っただけで甘い声を出す)  (21:27:46)
梨々香  >  当たってるじゃない…当ててるのよ? (といいながら…楓のお尻にスリスリすりつけながら…カウパーが多い体質だから…もう楓のお尻周りはベットベトで…?) やっぱり毎日しこしこしてるのね…? そんなちんしこ中毒者にはぁ…ちょっとお仕置きがいるかもね? (と後ろからピンク色のねっとりとした液体を取り出し…楓の胸にドロォォっと垂らす…こちらは、イボイボがついたぴっちりゴム手袋を装着して…また胸を愛撫するわ…) 私特製のローションよ…ねっとりしているのは…私のカウパーをもとにしているからなのよ…それにこの中には大量の媚薬成分と…(と突然胸から手を離して…) 大量のかゆみ成分が入っているの? どう…愛撫されなくなった瞬間…強烈なかゆみで頭おかしくなりそうじゃない??  (21:37:25)
楓  >  んあっ…あ、アツアツです…それにベトベトです…?(梨々香お姉さんのアツアツふたなりちんぽが擦れるたびにベトベトになっていく)はい…いつも誰かに犯されることを想像しながらしこしこしてます…お仕置きですか…?どんなのだろ…(お仕置きという言葉に反応して、嫌がるはずもなくそのお仕置き自体に興味を示す)ひゃぁ…こ、この液体なんですか…?ベトベトしててまるでお姉さんのカウパーみたいです…(そう言ってるとその液体とイボイボ手袋で胸を責められる。そして手を止めると)い、いやぁっ…お、お姉さん…わ、私胸弱いんですぅ…い、いやっ…いやぁぁぁっ…!!か、かゆい!む、胸がかゆいよぉぉ!!!お、お姉さん!!お願い!手を止めないで!楓の胸がかゆくて死んじゃう!!!(前半の気持ちよさが嘘のようにかゆみが襲う)  (21:45:46)
梨々香  >  あら…痒いのかしら…じゃあかいてあげるわ?(と、今度は乳首を摘むようにして…グリグリ? イボイボの手袋でさらに刺激が強くなって…媚薬と痒み成分を練り込むみたいに…) ふふっ気持ちいいかしら…でも手を離すとどうなるのかなぁ…(と、また手を離して…いじって欲しそうに楓の乳首は乳輪からビンッビンに大きくなっていて?) 掻けば掻くほど…もっと痒くなるのに…おバカさんね? (と、乳首をいじったら…手を止め…いじったら手を止めを繰り返していく…)  (21:53:07)
楓  >  はぁ…はぁ…はぁ…いやぁぁぁっ…!!お、お姉さんそれ気持ちイィィ!!そのグリグリやめないでぇ!!(媚薬の効果もあるのか乳首を強く摘めば摘むほど感じていく)い、いやっ!やめないでぇ!!お姉さんやめないでぇ!!やめたらおかしくなるぅぅぅ…(痒みと快楽が絶妙にマッチしておりただでさえ弱い乳首がさらに感度を上げていく)  (22:00:06)