ふたなりな榛名のおちんちんをしこしこして下さる艦娘の方お願いします

榛名  >  ん…そう、ですね……っ……祥鳳さんのおっぱい……綺麗……っ……(熱っぽい吐息を漏らしながらサラシが外れたたゆんと揺れる乳房をじぃっと見つめて、スカートをぺろりと捲くり口に咥えてショーツをずらせばぷるんと勃起した皮被りのおちんちんを晒して、じわ……と我慢汁を零しながら潤んだ瞳でねだるように見つめ)最初は……えと、おっぱいで……如何でしょう……?  (1:49:13)
祥鳳  >  ふふっ…ありがとうございます。もうこんなによだれを垂らしてるなんて…いけないおちんちんですね。じゃあ、ご要望にお応えして…(貴女の目の前に来てしゃがみこむと、自ら乳房を手で掴んでおちんちんへギュッと押し付け、乳首でおちんちんの裏筋や皮から露出している亀頭部分をゆっくりと擦り始める)  (1:54:03)
榛名  >  ぁ……だって…祥鳳さんが来るまでに…っ……ぁ…乳首…こりこりしてて、んっ…気持ち…い……っ…(おちんちんを包む柔らかなおっぱいに小さく吐息漏らして、つんとした乳首が我慢汁で濡れた亀頭や裏筋をくすぐるたびに甘い声を漏らして)  (1:57:42)
祥鳳  >  私の乳首が榛名さんのおちんちん汁でどろどろ…よっぽどたまってたんですね…。おちんちん思いっきり扱きたくて扱きたくて仕方なったですもんね?私もこんなえっちなおちんちんに興奮してますから…人のこと言えませんけど(さらに固くなった乳首を亀頭の先端に押し付けてめり込ませ、二プルファックのようにおちんちんで乳首を突かせる行為を何度も繰り返していき)  (2:02:29)
榛名  >  ん……祥鳳さんに…してもらってから…っ……ずっと、忘れられなくて…っ……独りじゃ満足、できなくて…っ…ぁ……おっぱいにおちんちんが入ってく、みたいで…えっち…っ…ぁ…それ…駄目、です……やぁ…っ…(硬くしこった乳首と亀頭が擦れるたびに甘い声を上げ、おっぱいにおちんちんを挿入するかのように乳首がめり込まれていく様子にごくり、と喉を鳴らして背徳的で変態なしゅちゅえーしょんとぷれいに蕩けたように頬を染めて自然とおっぱいに向けてかくりかくりと腰が動いて)  (2:07:27)
祥鳳  >  うふふ…そんなこと言われたら嬉しいです♪じゃあ、私の身体じゃないと満足出来ないおちんちんに改修しちゃいましょう。自分でも腰振ってるみたいですし…はぁ(生暖かい息を乳頭部分と亀頭部分に吹き掛け、自らもさらに押し付けておちんちんをめり込ませながら、腰を振る貴女のおちんちんの根本を親指と人差し指で掴んでしごいていき)  (2:13:25)
榛名  >  ゃだ…っ…そんなふうに改修されたら……榛名…っ…ほんとに祥鳳さんなしじゃイケないおちんちんになっちゃいます…っ…ゃ…だって、おっぱいにおちんちんするの…めり込むの…いやらしく、て…っ…ぁ…そんな…こすこす、も…されたら…っ…(やや息を荒げながら嫌々と首を振りつつも腰はかくかくと乳首ごとおっぱいへめり込むように突き出して、おちんちんの根元から二本の指で扱かれるとびくぅ、と軽く仰け反り、ぁ…ぁ…っ…と腰の動きを早めながら先走り塗れのおっぱいと亀頭が擦れて白く泡立ちながらびくびくっとおちんぽを震わせて)  (2:18:34)
祥鳳  >  榛名さんの…ここの主砲は私専用ですから…ね。我慢せずに好きなタイミングで…私の胸にせーしという弾薬をたっぷり発射して下さい…ね(乳首へおちんちんをめり込ませる行為を繰り返しては、時折先走り汁で濡れた乳首で亀頭の先端の割れ目をなぞり、そしてまた亀頭を乳首に陥没させるように押し付け…、おちんちんの角度を調整するように根本を掴む指でおちんちんの竿を何度もキュッと締めてさらに激しくシゴキ続け)  (2:25:38)
榛名  >  ぁん…っ…いつでも……っ…いつでも……好きにびゅーびゅー発射してもっ…ぁ…いいんです、ね……?言いましたから、ね…っ…ぁあ…も、駄目です…っ…だめぇ……出る、ざーめん…びゅっびゅって出ちゃ…おっぱいにしゃせーしちゃ…ぅ…っ…ぁ、(おちんちんをしこしこ扱く指使いに包皮ごと竿を擦られて乳首で割れ目や亀頭をくりくりと責められると堪らずに声を上げ、息を乱しながらすぱーとをかけるようにはっはっと息を吐きながらがつがつとおっぱいに挿入するようにおちんぽを突き出して、びくんっと大きく仰け反ったかと思うとどぴゅどぴゅっとおっぱいにめり込ませながら熱く白く雄臭いどろどろざーめんを勢いよく射精して)  (2:32:39)
祥鳳  >  …っ!あぁ…ち、乳首が熱い…!す、すごい…大量に…おちんちん汁が乳首に直撃してる……ぺろっ…ふふっ…美味しい…(白濁液が乳首に直撃する勢いに自らも仰け反り、身体をびくびくと震わせる。竿に残った残り汁も絞り出さんと親指と人差し指で皮ごと竿をシゴく手をやめず、乳房に飛び散った白濁液を舐めて恍惚な表情を浮かべて貴女を上目使いに見つめる)  (2:38:44)
榛名  >  はぁ…っ……ん…ぁ………おっぱいでしゃせー、しちゃいました…っ…もう…榛名のおちんちん……っ…祥鳳さんじゃないと駄目になっちゃ…んっ…ぁは…もっと、ざーめん欲しいんです…か……?ん……榛名もまだたまたまにたーっぷりざーめん溜まってます、ので……どこでも遠慮なく、絞り取って味わって下さいませ(ざーめんでどろどろになったおっぱいを見つめながらびくびくと射精の快感に身悶えて、ざーめんの残り汁を絞り取るしこしこにびゅ、びゅと尿道に残った精液を吐き出して、ざーめんを舐め取る相手の痴態に薄く笑み浮かべると潤んだ瞳を向けながらおちんちんをずいと突き出して相手の鼻先へと押し付けて)  (2:46:28)
祥鳳  >  はぁ…すごいえっちなニオイ…榛名さんのおちんちん汁…美味しくてたまらない…。あ、もしかして榛名さん…まだ出し足らないんですか?(おちんちんにこびりついた精液を丁寧に舌で舐め取りながら、亀頭の割れ目に舌先でちろちろと這わせれば、挑発するように亀頭と皮の間に人差し指を差し入れると、亀頭を周回させるように皮の中でぐりぐり動かし)  (2:52:30)
榛名  >  ぁ…ぅ…っ……先っぽばっかり、駄目です…っ…ぁ…はい…っ……まだ…その、祥鳳さんがお付き合い…っ…んっ…頂けるなら……前部びゅーびゅーするまで……っ…(射精して敏感な亀頭の割れ目に舌が這うだけで大きく仰け反り、包皮の中へと細い指がくちゅ……とざーめんや我慢汁やちんかす塗れの亀頭の中をぐるぐるかき回せばびろんとおなにーのし過ぎで伸びきった包皮が指の形に膨らんで)  (2:56:58)
祥鳳  >  ちゅるっ…ずずずず…。じゃあ、お言葉に甘えてもっと絞り取っちゃいましょう。榛名さんの皮…柔らかくて可愛いです…ちゅっ…(しばらく亀頭と皮の間に滑り込ませた指で周回させて色々な粘着物を掻き出すと舌で舐め取り、割れ目に唇をつけてストローのように吸い上げ、指を抜いて出せば…今度は亀頭と皮の間に舌を差し込み、卑猥に動かしながら亀頭部分を周回させていき)  (3:04:40)
榛名  >  ぁ……ぺろって榛名のいろんなの、舐めちゃった…っ…ぁは…ゃ、吸っちゃ駄目ぇ…っ…ぴゅ、って…でちゃ…んぁ…舌…すごい…っ…おちんちんの中…祥鳳さんにぐりぐり犯されて、榛名…はるな…また、駄目になっちゃ…っ…(舌先でおちんちんに付着した汁や汚れを舐め取られるとぞくりと身震いして、割れ目をちゅー……柔らか唇で吸われるとびくっとおちんぽを跳ねさせてぴゅ、と先走りなのかざーめんなのかわからない汁をお漏らししてしまい…柔らかな舌がにゅるりと包皮の隙間にねじ込まれるとその暖かさとぬるとした感触に口が半開きになり、ぁ…ぁ…とか細い喘ぎ声を漏らしながら緩く相手の頭を抑えて、おちんちんをぐりぐりされるがままになって)  (3:11:24)