無理矢理に母親を犯す息子の亀頭が母さんの膣口に締め付けられて

健一  >  すぐに入れてやるよ、母さん!(亀頭がすっぽりと母さんのマンコの中に呑み込まれてゆくのを見てから、俺は母さんに圧し掛かるように身体を倒した!)…ほらぁ!奥まで入っちまったぜ♪(母さんを正上位で犯している!…亀頭の先は子宮口まで一気に突っ込まれる!)  (23:23:18)
尚子  >  ヒッ・・・・ヒイイイイイイイイイイイイイ・・・・・・あたってる・・・・奥に・・・・奥に・・・・(入ってるのを確かめるように手を伸ばすとまだ根元まで余裕があって)うそ・・・・あたってるのに・・・まだ根元まで入ってない・・・・・  (23:25:01)
健一  >  そうだよ、まだ全部入ってないんだぜ。(あとで子宮口を貫いて、直接子宮へ射精してやろうと考えながら…)そんなに締め付けるなよ、母さん♪(膣襞がチンポに絡みついてくるような動きで締め付けて来る快感に歓喜する!)…こうやって、チンポをギリギリまで引き抜いてさぁ~♪(膣口のギリギリにカリが引っ掛かってから、動きを止める!)  (23:27:17)
尚子  >  あっ・・・いや・・・・抜けちゃう・・・・抜かないで・・・・・・  (23:28:14)
健一  >  あははは!…母親が息子にハメられて言う言葉じゃねーぜ♪(小バカにしながら…)こうやって、一気に奥まで突かれたら気持ちいいだろ?!(腰を思い切り打ち付けて、亀頭の先で子宮口を突っついてやる!)  (23:29:44)
尚子  >  ヒイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ・・・・・・あああ・・・いいいいいいいいいいいいいいいいいい・・・・気持ちいいいいいいいい  (23:30:16)
健一  >  (極太チンポを出し入れしながら、俺に組み敷かれて喘ぎ声を上げてる母さんを、笑いながら見ている)…そんなに実の息子にハメられて善がって、すっげー変態じゃん!  (23:31:40)
尚子  >  はぁ・・・はぁ・・・・・ああああ・・・・・ずっと・・・ずっと想像してたの・・・・健一に犯されるのを・・・・  (23:33:12)
尚子  >  いい・・・オマンコが・・・・オマンコが・・・・・  (23:33:21)
健一  >  実の息子に犯されたかったのかい?…あははは! ホント、変態なんだな!(俺は1、2度射精してもチンポが萎えないから、母さんがまだ正気なウチに中出しをしてやろうと考えて…)…なぁ、母さん。…俺の精液を母さんの中に出してやろうか?…きっと気持ちいいぜ♪  (23:34:33)
尚子  >  だ・・だめ・・・それだけは・・・・今日はダメなの・・・・お願い・・・・許して・・・中出しだけは・・・・  (23:35:22)
健一  >  (腰をグリグリと動かし、亀頭の先で母さんの子宮口を抉じ開けてゆく…)…なに言ってんだよ。母さんに拒否る権利なんか、ねーぇんだよっ!(グリグリと亀頭が、母さんの子宮口抉じ開けて、中へ入ってゆく…)  (23:37:03)
尚子  >  だめぇ~~~~~今日は危ない日なの・・・・妊娠しちゃう・・・ああ・・あああああああああああ・・・・・くううう・・・・子宮に・・・・子宮のなかに・・・・・・・  (23:38:05)
健一  >  えへへっ…亀頭が母さんの子宮口に締め付けられてて気持ちいいぜぇ♪(…勃起チンポが根元まで膣口に埋まると、亀頭は子宮の中へ侵入して…)…このまま出してやるからなっ!…息子の精液で孕めよなっ♪  (23:39:19)
健一  >  (亀頭は、母さんの子宮を出入りし…チンポの付け根は膣口を出入りする!…その短いストロークを腰を前後に激しく動かしていると、膣襞がチンポを締め上げるように絡みつき…やがて射精感が急速に高まり…亀頭が、ぷく~っと膨れ上がる!)…ああぁぁぁっ!気持ちいいぜぇ!母さんっ!…俺の…息子の精液を受け止めろよぉぉぉっ!!!  (23:44:11)