貴女は再婚相手の連れ子のギャルJK。前々から義娘への性欲を募らせていた義父はふとしたきっかけで関係を持ち、今では毎日のように避妊もせずに義娘と性交を繰り返して

杉田明弘  >  (愛美の軽蔑する視線を見ながらもスケベな笑みを浮かべて)…いいじゃないか…もう何度もしてるんだしなぁ…すぐすませるから…いいだろう…?(そう言いながら愛美にスカートの中に手を入れて…尻や股間を撫で回しながら…)  (0:26:00)
杉田愛美  >  ん…ちょっと…す、すぐ済ませるとか…娘に向かってよくそんな事…(90-60-85 Gカップの黒ギャルで、いかにも遊んでそうではあるが、母親思いで母親が好きな人ならと我慢してしまっている)んん…ちょっと…も、もう…わ、わかったわよ…早く済ませてよね(もうこうなってはセックスするまでしつこく言い寄られるので、めんどくさく)  (0:29:14)
杉田明弘  >  …まぁ娘とはいっても義理なわけだしなぁ…(妻と知り合ってしばらくして愛美を見てからは愛美とのセックス欲が強まり、いざ愛美と関係した今は妻よりも明らかに愛美とのセックスに夢中になっていて…)…あぁすぐ済ませるからそれじゃ…(そう言いながらあせるように愛美のスカートの中に手を入れショーツを膝辺りまでおろすと自分はズボンを下ろして硬くなった肉棒を露わにし、そのままゴム無しで突き出された愛美の股間に押し当てて…)…それじゃすぐで…いいな…?(愛美が黙っているのをいいことに今日も避妊なしで性交しようとしていて…)  (0:34:00)
杉田愛美  >  ちょっと…義理とかいう…信じらんない…(一度身体を許してしまえば、もう何度断っても求められてしまい。今ではそのやり取りが面倒なので、よほどのことがない限り身体を許してしまう)は、早く済ませてよ…まったく…(リビングの壁に手をついてお尻を突き出す、そして義父さんにパンツを膝まで下ろされて、チンポをオマンコにあてがわれて)ん…ん、い、良いって言ってんじゃん…ぁ…(自分もセックスするのを認めていると言わんばかりに同意を求められて)  (0:39:41)
杉田明弘  >  (愛美から返事を得ると同時に腰を前に突き出していき…生のまま愛美の膣内に奥まで挿入していって…)…あぁ…あああっ…(妻では得られない膣内の感触に声をあげながら快感を得て)ああぁ…愛美のはいつ入れてもたまらんなぁ…(厭らしいことを言いながら愛美の後ろから腰を振り始めて…)  (0:43:35)
杉田愛美  >  ぁ…くぅ…んん…ねぇ…義父さん…チンポ…ゴム付けてんの?生ハメじゃないよね?(一気にオマンコの奥まで侵入されてしまう、チンポに密着するように膣壁が絡みつく)ぁぅ…んん…ひぃ…義父さんので、でかいんだから…優しく入れてよ…  (0:47:34)
杉田明弘  >  (奥を突くたびに愛液が溢れてきて、夢中で愛美の膣内に出し入れしていて…)はぁ…はぁ…え…?ゴム…?あぁ…聞き忘れたけど…ゴムはつけないで入れてるよ…(当たり前のように答えながら後ろから愛美のブラウスのボタンをはずし、Gカップの豊満な乳房を両手で揉み始めて…まだ16歳の愛美の身体を貪るように交わって…)  (0:51:41)
杉田愛美  >  (最初からつける気なんかないといった感じの返事で)ぁ…んんん…ご、ゴム付けてよ…んん、生ハメとかありえない…ぁんん、ちょっと…つ、突かない…んん(もうお構いなしにオマンコをチンポで何度も突かれながら、Gカップの胸を無造作に揉まれて)んん…ぁあ…ちょっと…んん、義父さん…ひぃ…んんん、奥に…んんん(もう乳首も完全に勃起し尖ってしまい、突かれながら胸を揉まれると我慢できないほどの気持ちよさで)  (0:56:55)
杉田明弘  >  (勃起した乳首を弄りながら豊満な乳房を揉んで…夢中で腰を振り続ければすぐに射精感が高まってきて…)あっ…あああぁ…!ま、愛美…お義父さんもう出そうに…くううぅ…ああっ出る…!!(愛美が拒否する間もなく、亀頭を奥へ押し込んだ瞬間、一気に射精し始めて…)はあああっ…!くうううぅ…!(愛美自身も分かるほど大量の精液を膣奥へ流し込んでいて…)  (1:01:50)
杉田愛美  >  (乳首を弄られながらのセックスが、気持ちよく毎回されてしまうのでこの感じが癖になってしまうほど)ひぁ…んん、え?ええ…ちょっと…ぁぁぅ…生ハメじゃん…中出しとか…だ、だめぇんん…ん(何度も突かれて、義父さんがオマンコの奥に突切れた瞬間、射精されて膣壁も反応してチンポを絞るように収縮してしまう)  (1:06:47)
杉田明弘  >  (射精中も膣内が収縮するのを感じて…)あああっ…すごい…根本から吸い上げられる感じが…あああっ…(妻では到底味わえない膣内の感触に夢中で肉棒を奥へ押し込んで…射精し切る)はぁ…はぁ…お義父さんの精子たっぷり受け取ってくれたみたいだねぇ…(スケベ顔をしながら愛でるように愛美の下腹部を撫でて…もう最近は明らかに妻よりも愛美への膣内射精の回数が多くなっていて、愛美のほうが先に妊娠してもおかしくないペースで交わっていて…)  (1:11:22)
杉田愛美  >  んん…くぅ…ぁぁ(また中に出されてしまう。毎回出されてしまうので、何時妊娠してもかしくない状況で)ま、また…んん、義父さん…も、もう生はだめだって…中出しとか、赤ちゃんできちゃうじゃん(義父さんのチンポはオマンコに入れられたまま、精液を出し切るまで入れられている)はぁ…はぁ…はぁ…  (1:16:12)
杉田明弘  >  (まだ愛美の後ろにぴったりとくっついたままで…)はぁ…はぁ…いいじゃないか…まぁもう愛美も分かってるとは思うが…今じゃお母さんよりも愛美とセックスするほうがたまらんからなぁ…お母さんよりも先に愛美が赤ちゃん作ってみちゃうか…?(冗談ぽく笑いながらも快感を求めるようにぐいぐいと亀頭を愛美の膣奥へ押し込んでいて…)  (1:21:42)
杉田愛美  >  ふざけないでよ…赤ちゃんなんて…や、やだよ…お、奥に入れんな…んん、それ以上奥は…ぁあ…んん(まだ奥まで入れようとして、そして奥を何度も突つかれながら)変なこと言うな…んんん、ゴム付けろよ…生とか…んん、だ、だめなのに…  (1:24:16)
杉田明弘  >  (奥に押し込むたびに膣内が締まる感触を得て…再び肉棒は膨れ上がっていっていて…)あっ…ああぁ…こんなに吸い付いて…こりゃたまらん…ああっ…!(制服を着たままショーツを下ろし、尻を突き出している愛美を見ながら再び腰を振り始めて…)  (1:28:19)