ノーブラでいる娘の私、父親は発育した体を見て最初は注意するもだんだん我慢できずイタズラされてそのまま犯されてしまい

高梨 真美  >  んー?(ワイドショー見ながらふと問いかけに気づき振り返り)な、なんで?家だからしてないよ?  (10:50:23)
高梨 和也  >  おっぱいの形がはっきり見えるじゃないか!それにそんな短いワンピースなんか着て…太ももの付け根まで見えそうだぞ(真美の横に座り、指先で太ももをつつきながら注意する)  (10:52:08)
高梨 真美  >  ッ……(ちちの言葉から聞くイヤらしい単語に顔を赤らめて手を払いのけながら顔を反らし)家にいる時くらい楽な格好でもいいじゃん。お父さんが見なきゃいいでしょう?  (10:53:24)
高梨 和也  >  なんだその態度は!(改めて見る真美のムチムチの身体に次第にムラムラしてきて)こんなけしからんおっぱいを見せつけてたら、すぐに痴漢されるぞ(プルンプルン揺れる真美のおっぱいをいやらしく揉みながら)  (10:55:38)
高梨 真美  >  ひゃぁ、あっ(突然伸びる父の手がおっぱいを揉み思わず甘い声漏らし)や、ぁ、外ではこんな格好しないもん…お父さんのスケベ  (10:57:20)
高梨 和也  >  スケベなのは真美だろう。すぐにおまんこが触れるように、こんな短いワンピース着て…誘ってるのか?(右手を太ももの間に突っ込み、パンツの上からおまんこをクチュクチュと刺激する)  (10:59:21)
高梨 真美  >  んあっ、待ってお父さん、親子でこんなこと…(あろうことか父親からの愛撫に背徳感かんじながらも興奮し体は正直におまんこから愛液溢れさせ)あっあっ、誘ってなんかっ…あぁんっ  (11:01:48)
高梨 和也  >  他の男に犯される前に、父さんが犯してやるからな(パンツの脇から指をおまんこに入れ、ぬちゃぬちゃと激しく掻き回す)母さんはしばらく帰ってこないからな…何も気にする事はない(発達した娘の身体と大人の喘ぎ声に興奮し、夢中でおまんこを掻き回す)  (11:04:32)
高梨 真美  >  やぁっ、あっあっ、おとうさんの太い指入ってるッ(パンティの脇から侵入した指がおマンコを掻き回し堪らず腰揺らし締め付け気持ちよさそうに反応し)あっん、アッ、(父に犯され母の帰りが遅いことを喜ぶ姿に目をトロンとさせ)  (11:09:33)
高梨 和也  >  ああ…すごくいやらしい顔してる。太いのは指だけじゃないぞ?(真美のおまんこから指を抜き、自分のズボンのパンツを脱ぎ捨てれば、固く反り返ったチンポが真美の目の前に飛び出す)  (11:11:56)
高梨 真美  >  あ、お父さんの…(父親の見たことないチンポに目を奪われながら生唾飲み込み)そんなの入らないよぉ  (11:13:08)
高梨 和也  >  大丈夫だ、これだけヌルヌルになってれば、これくらいのチンポはすぐに入ってしまう(言いながら真美をM字開脚させ、股の間に割り込み、パンツの脇からおまんこにチンポをあてがう)入れるぞ…真美のおまんこに…!(ゆっくり腰を沈めれば、すんなりと奥までチンポが入る)  (11:16:07)
高梨 真美  >  ひゃぁっ、あぁん、お父さんの生チンポ入ってきたぁ(パンツの脇からおまんこにチンポ奥まで入れられ背中仰け反らし腰跳ねさせ)やぁっ、お父さんとエッチしてるっ  (11:18:42)
高梨 和也  >  どうだ…っ、父さんのチンポ気持ちいいだろ…はぁ…っ!(ソファーの背もたれを掴んで身体を支え、真美を見つめながら激しくおまんこを突く。ソファーがギシギシと軋み、テレビの音に混ざってパンパンと肉体がぶつかり合う音が響く)ぁあ!娘のおまんこ…犯してるぞ…!  (11:22:00)
高梨 真美  >  気持いいよぉ…(認めてはいけないと分かっていながら父のチンポ受け入れるよう締め付け腰揺らし)犯されてるのにぃっ、ああっ、そこ、奥ダメ、おかしくなっちゃうっ  (11:23:58)