女優をしながら魔法少女として悪と戦ってきた私。しかしそんな私にもとうとう負ける時が・・・

島崎遥香  >  ううく・・・う・・・わかったわ逆らわないわ・・・その代わりその人たちを開放しなさい!(そういって敵をにらみつけるぱるる。にらみつけながら相手のすきを探すように敵の動きをじっと鋭い目つきで観察し続けている)  (23:59:44)
オタク怪人  >  お前が逆らわなければ、いずれ解放してやるさ。まぁ逆らったら生きて帰れないがな(人質の方を見て言う)さて、今まで生意気な口を聞いてくれた、お仕置きはたっぷりさせてもらおうか(ニヤニヤと笑って島崎遥香を見る)  (0:01:34)
島崎遥香  >  ううく・・・うう・・・(悔しそうに唇をかみながら相手をにらみ続けるだけのぱるる。しかし敵に逆らうこともできずにただじっとこぶしを握ったまま立ち尽くしてじっとあいてのかおをみてにらみつづけるしかできないぱるる)  (0:02:49)
オタク怪人  >  そうそう。そうやって大人しくしておくのだぞ。先ほどはたっぷりと水を飲ませてくれからな。まずは、口を大きく開けてもらおうか?(強気で睨んでくる島崎遥香を嬉しそうに見ながらも、命令していくオタク怪人)  (0:04:50)
島崎遥香  >  は・・?(相手の言葉に怒ったようににらみつけるぱるる。しかし仕方ないというように大きく深呼吸をして落ち着くと口を開けて)さぁ・・・これでいいでしょ・・・早くみんなを開放しなさい!(怒りに耐えるようににらみつけながら言い放つぱるる)  (0:06:26)
オタク怪人  >  ふふ。大口を開けて間抜けな顔だな魔法少女、島崎遥香よ。ほら、たっぷり飲むのだ(そう言って魔法で大量の水を島崎遥香の口に流し込む。呼吸が出来ずに苦しそうにする島崎遥香)ほらほら、たんと飲むがいいぞ!  (0:08:17)
島崎遥香  >  えあ・・・や・・・ああ・・うあ・・・・あ・・げほげほげほ・・・ごぼごぼごぼ!(苦しそうに口から水を吐きながら顔を真っ赤にするぱるる。苦しさから水を何度も吐き出して服にかかりながらだんだんといしきがもうjろうとしてきてその場に膝をつくぱるる)げほげほげほ・・・・はぁはぁはぁ・・・(苦しそうにむせて肩で息をし始める)  (0:10:48)
オタク怪人  >  おやおや自慢の衣装が水浸しではないか。拭いてやるから、動くなよ(そう言って島崎遥香の胸元からお腹、そして股の間に向かって拭いていくオタク怪人)キレイに拭いてやるぞ。ほら、お礼を言ったらどうだ?魔法少女として礼節を忘れてはいかんぞ(バカにする様に言う)  (0:13:52)
島崎遥香  >  ・・・ありがとう・・・・ございます・・・・(悔しそうににらみつけながらもとりあえずあいてにしたがうぱるる。何度も傍目で人質のほうをうかがい隙が見つかったら助けようとかんがえながらとにかく好きができるまでは耐えようとじぶんにいいきかせつづけるぱるる)  (0:16:37)
オタク怪人  >  よそ見をしながらお礼をする奴があるか!(そう言って濡れた服に向かって電撃を放つ。しばらく悶える魔法少女、島崎遥香を眺めながら電撃を流し続ける。そして座り込んだのを見計らって電撃を放つのをやめるオタク怪人)  (0:18:49)
島崎遥香  >  きゃあああああ!いやあああああああ!(これまでにないほどに電気が流れその場でけいれんをして悲鳴を上げるぱるる)ううあ・・・あ・・・あ・・・う・・(力なくその場に崩れ落ちるとしばらくうごくこともできずからだがまひしたように動かなくなる)  (0:20:04)
オタク怪人  >  動けないのか魔法少女、島崎遥香よ。それそれ(電撃を定期的に流してピクピクと動く島崎遥香を笑って眺める。ついには、パタリと倒れて気絶する島崎遥香)おやおや呑気に昼寝をしているかな(周りの戦闘員達も口々にバカにして言い放つ)  (0:22:17)
島崎遥香  >  きゃあああああ!いやあああああ!(ひめいとともになんどもけいれんをしつづけるぱるる)ううあ・・・あ・・・あ・・・あ・・・・(何度も受けるととうとうちいさいこえをだしてそのばにくずれおちると意識を失いぴくぴくと小刻みにけいれんをしたまま動けなくなってしまうぱるる)  (0:23:34)
オタク怪人  >  呑気に寝おってからに(足で島崎遥香を仰向けにするオタク怪人)無様な姿だな魔法少女、島崎遥香よ(さらにスカートをめくり上げ下着を露わにした状態にする)ふぅ。少し疲れたかな(そう言って島崎遥香の顔の上にお尻をおき座り込む)  (0:27:30)