敵からも恐れられるほどの実力を持つ気高くプライドの高い女騎士。しかしその鎧のうちには色白でムチムチといた肉付きがそそる巨乳に薄ピンクの大きな乳輪、デカ尻といった敵兵士から見れば格好の性処理の的

♂  >  (町の路地裏で怪しい商人がいるという噂を聞き付けた女騎士のクリア。正体を掴むために警備にあたり通行人から目撃情報を得て、路地裏へと一人で進んでいく。)  (13:29:08)
クリア  >  (目的地周辺に到着し、噂の商人を探すべく慎重に行動しながら聞き込みに回っていて….)そうか….すまないな。有難う…….  (13:31:03)
♂  >  (路地裏を進んでいくとだんだん薄暗くなり、そこには大きなカバンを背負った太った商人のような男が一人…)これはこれはどうも…何か御用でしょうか?  (13:32:14)
クリア  >  いや、すまないな。ここ最近、奇妙な商人が居ると聞いたもので….(奥に進んでいくにつれて、回りも薄暗くなってきて回りの視界も気を付けていないとぶつかりそうだ。)  (13:34:08)
♂  >  なるほど…(商人はクリアの身体を舐めまわすような視線で品定めするように…そしていきなり背後から壁に押さえつけるようにして…)まさかここまで噂になっているとは思いませんでしたよ…  (13:35:52)
クリア  >  いっ……貴、様…….っ…!(壁に強く押し付けられれば少し痛みが走り顔を歪ませる)その商人、とやらはお前だな….っ…ならば、倒すまでっ!  (13:39:22)
♂  >  おっと…そうはいきませんよ…(商人はすぐに怪しい薬を含んだ布をクリアの口元へ包み込み…)っ…これで思うように体は動かないですね…  (13:40:25)
クリア  >  んぐ…ぅっ…?! (油断していたせいか口元に白い布が放り込まれすぐに吐き出すが)何、っを…した….っ!  (13:43:44)
♂  >  いえいえ…軽い媚薬ですよ…あなたの身体…騎士なのにとても魅力的なようなので気になりました…(その場で正面に壁にクリアを押し付けるといきなり防具を脱がし始め)  (13:45:05)
クリア  >  び、びや…っ?!(聞いた単語に頬を赤らめる。これは恥ずかしさからきたのか薬の効果かは分からない…防具を脱がされながらも必死に抵抗して)  (13:46:34)
♂  >  抵抗しても無駄です…(ブルンっと目の前で露出し揺れる巨乳…薄ピンクの大き目の乳輪までさらけ出し、商人は無性に揉みし抱きながら胸を舐めはじめ)  (13:49:14)