競泳水着コスのヒロインがフタナリ化させられ、生地の衣擦れだけでもイッてしまうほど競泳水着フェチに調教されてしまい連戦連敗様々なシチュで性癖を突かれて凌辱され快感に悶え鳴きながらイキまくります

戦闘員  >  那月の前に立ち…)おい…、お前がスクールエンジェルの那月だな…?夜の学校をパトロールか…、こっちもお前を倒すためにやって来たぞ、ふふ、あっという間に勝負をつけてやる…!(戦闘員としては下級だが、性欲は人一倍強く、フタナリマゾの那月に負けるわけがないと自信満々で…)  (14:35:33)
SchoolAngel  >  あ、あぁ…じ、自分の水着でチンポを責められて感じてしまうなど…うああ…ッ♪着ているだけでどんどんいやらしい気分になってしまう…こ、こんな…あぁ…♪(股間を押さえて内股になりながらのろのろ歩く姿は正義のSchoolAngelとは思えないほど滑稽だ。だが一歩ごとに水着がチンポに擦れ那月の性癖を刺激し、意思とは無関係にエッチな気分にされてしまう。今敵に襲われたらひとたまりもないというのに…)…ッッ!だ、誰だ…貴様…私達の学校に乗り込んでくるなど…うッ…し、しかも一人でだと?ず、随分…んッく…こ、この私も舐められたものだな…せ、戦闘員如き…うッあ…♪ま、負けるわけが…(戦闘員を見つけた那月は上ずる声で会話を始める。上気した顔とだらしなく快楽に溺れた喘ぎが言葉の所々に混ざり、戦う前から感じているのは明らかだ。それに戦闘員如き、と言うならすぐにでも攻撃して叩き伏せればいいのに、肝心の那月はまだ内股になって股間を押さえたまま。襲ってほしいのかチンポが擦れて動けないのか解らないが、隙だらけなのは間違いない。)  (14:41:38)
戦闘員  >  (戦闘員と対峙しても、内股のまま手で股間を押さえ、全く攻撃の気配がない…。それに、眼鏡の奥の目は潤んでいるようにも見え、紅潮した頬、喘ぎ混じりの呼吸音が、既に競泳水着によって感じているのはすぐに読み取れる…)どうした…?那月、それでもスクールエンジェルのメンバーか?お前など、やはり俺一人で十分のようだな…!(さっと身を翻し、那月の背後にはりつくと、那月の手の上から両手を被せるようにして力を加え、股間のチンポにぐりぐりと擦るように動かす…。こんな動き、普通ならあっという間に返り討ちにあいそうだが、今なの那月には避ける術もなく…)くくくっ…!知っているぞ、那月、ここがたまらないんだろう…?さっき廊下でしゃがんでいたのは、我慢できずにオナニーしてたんじゃないのか…?ふふ…、笑わせるね、生徒会長が学校の廊下でチンポオナニーなんて…(屈辱の言葉を、那月に浴びせていき、まだ手で覆い隠している那月の手の上から股間に力を加えていく…)  (14:49:30)
SchoolAngel  >  だ、黙れ!ならばすぐにでも片付けてやる!…なッ?そ、そんないつの間に…うッうくうぅぅぅーーッッ!や、やめろ…股間を…チンポを…グリグリするな…ふ、振りほどけない…ああッ♪(ならば先に倒すしかないと思ったのだが、予想以上に那月の体は鈍くなっており容易に背後を取られると、股間を押さえていた手の上から戦闘員の手を重ねられ、自分の手でチンポをグリグリする羽目に。那月のスベスベの指がいやらしい競泳水着越しにチンポに絡み、うめき声を上げ始めた。気持ちいい所に当たる度に体を反らせて抵抗しようとするが無意味だ。)…ち、違う…私は学校でオナニーなどしていない…はうぅぅッ♪わ、私…こんなの…敵の前で自分で…チンポをモミモミしてるみたいで…こ、このままでは…うああ…ッ♪…くうぅぅ…ッ♪(逃れようとしてなのか気持ちイイだけなのか、那月の腰が上下に動き始めた。時間と共に股間からはクチュ、チュクという先走りの染み込んだ生地がチンポに擦れる音がたち始め、感じている事が完全にバレてしまう。相当卑猥な事を口走っているのだが、今の那月にはそれを考える余裕はなく、フタナリ競泳水着の快感に苦しみ悶える…)  (14:57:37)
戦闘員  >  (言葉では強気なことを言っても、明らかにフタナリちんぽで感じている様子の那月…。なんとか抵抗しようと力なく股間を押さえる那月の手の上からグリグリと力を加えながら、隠し持っいていたローションのボトルを片手で持ち…)本当に違うのか…?じゃあ、何であんな廊下の真ん中でしゃがみ込んでいたんだ…?その競泳水着が中で擦れてチンポが気持ち良かったんじゃないのか…、良かったな、夜の誰もいない校舎で…。もし、他の人がいたら…、生徒会長が廊下の真ん中でチンポオナニーしてたって、学校中で言われることになってたぞ…、ひひっ…!さあ、これでも耐えられるかな…?抵抗できないなら、こっちから好きにやらせてもらうぞ…!(那月の背後から競泳水着の胸元を引っ張り、持っていたローションのボトルの先を押し込むと、ぶちゅぶちゅとボトルを押して、中のローションをどくどくと競泳水着の中に流し込んでいく…)  (15:12:03)
SchoolAngel  >  …だ、黙れ…言わせておけば勝手な事ばかり言って…わ、私はチンポ…オナニー…など…ううッ…するものか…ああ…(既に那月には抵抗する力は残っていない。股間に加わる快感に悶えて腰を振り、競泳水着の感触を敏感なチンポで味わう只のマゾフェチ娘だ。股間を押さえている手に、どんどん硬くなるチンポの感触がしっかりと伝わってくる。)…なッ?そ、それだけは…ふあ♪ふあああぁぁぁ~~ッッッ♪♪競泳水着がヌルヌルになっていくぅぅ…ち、チンポに生地が張り付いて…うッうわああぁぁ~~ッッ♪チンポが、チンポがぁぁ…♪(那月の弱点であるローション責めには体が到底耐えられなかったようで、水着がピッチリと全身に吸付くと同時に快楽に満ちた悲鳴が夜の学校に響き渡った。ヌルピチの生地が那月の未成熟な体の凹凸をくっきりと浮かび上がらせ、この世のものとは思えない快感でチンポに吸付く。数え切れないほど味わったローション競泳水着の刑に、射精寸前のエロボイスを発してしまう…)  (15:19:13)
戦闘員  >  (本来なら卑猥なことなど絶対に言いそうにない生徒会長の那月が、声を震わせチンポという言葉を繰り返している…。学校のファンの生徒たちがこんな那月の姿を見たらどう思うだろうか…。そんなことをよそに、ローションの快感にあっさり虜になっている那月の姿を見て、もう逃げ出すこともないだろうと一旦那月の体から離れ、その悶える様子を眺める…)おお…、よく見ると競泳水着がピッチリ貼り付いて、股間が膨らんでいるじゃないか…?それが噂のフタナリマゾちんぽだな…?どうだ…、ローションの感触は…、直接触れてもいないのに、競泳水着の生地が貼り付き、吸い付き、たまらないみたいだな…?それに、ローションが加わって、ぬるぬるの感触…。ふふ…、那月のちんぽはそんなもんじゃないんだろう…?もっと、びんびんに大きくなるんだろう…?見せてみろよ、どれだけ大きくなるのか…(校舎内の薄明りでもはっきりと見える那月のボディーライン…。体をくねらせ、悶える那月の様子をニヤニヤと薄ら笑いを浮かべてじっと見ている…)  (15:26:15)
SchoolAngel  >  あッああぁぁ~~ッッ♪うあ♪うあああぁぁ~~ッッ♪わ、私の競泳水着が役に立たない…そ、それどころか全身を揉まれているみたいで…お、思い出してしまうぅぅ♪気持ち…イイ…(戦闘員が手を離した後も、那月はヌルピチ競泳水着の快感に一人で勝手に立ったまま体をクネらせて悶え鳴く。無敵の生徒会長サマがヌルピチ競泳水着姿でスケベなダンスを踊っているかのようだ、無様なことこの上ない。)…こッこのままでは…私のチンポ…出る…出てしまう…な、なのにどうして…敵の前で…ふあ♪…うあ♪競泳水着、気持ちイイの…い、イク…うあ…♪(悩ましく体をくねらせる那月はいつしか左手を股間に添え、チンポを扱き、右手は未熟な胸や乳首を弄ぶ水着オナニーを始めてしまう。敵の前だというのに快感に負けてしまったのか、ヌルピチ水着がチンポを刺激する快感に耽っている。そのうちチンポは膨張し始め、那月の言葉通り射精が近いようだ。このままでは敵の前でオナニー射精してしまう…)  (15:33:16)
戦闘員  >  おお…、やはりな…、那月…、お前は淫らなマゾチンポ奴隷だったんだな…?(スクールエンジェルに対してあり得ないような言葉…。それも雑魚のような戦闘員一人に、完全に快楽の虜になってしまっている…。これから先は、もう自分の思い通りだと自信に満ちた微笑みを浮かべて、競泳水着の上から身体を弄る那月を見る…)ひひっ…!気持ちいいんだな、那月…。止められないんだろう…?いいぞ、遠慮せずに続けて…、そのまま続けて、どうなるか見ててやるから…。お前の恥ずかしいマゾチンポ姿を戦闘員に見られる…、くくっ!いい様だよ、那月…。ヌルヌルで、ぴっちり貼り付く競泳水着…。それは、お前の戦う姿ではなく、快楽へと導く淫らな競泳水着だ…、いいぞ、那月の射精、見ててやるぞ…!  (15:39:41)
SchoolAngel  >  ふああ…ッ♪…うッうあ♪…ヌルヌルの競泳水着の上から触るの…気持ちイイ…わ、私の体がこんなにいやらしい体になっていたなんて…と、止まらないぃぃ♪(一度水着オナニーを始めてしまえばそれを止める事は那月には困難だ。指を絡めてチンポの気持ちいい所を水着を利用して刺激し、敵に全身を犯される妄想をしながら体中をスベスベの手で愛撫する。喘ぎは更に大きくなり完全に競泳水着の虜になってしまう。)…きょ、競泳水着が、正義の競泳水着がこれほど気持ちイイなんて…ああッ♪うッああ♪んあ、んあ♪ふああ♪競泳水着でチンポ扱くの気持ちイイ…わ、私…イク…学校で…水着オナニーでイクぅ♪チンポが競泳水着に負けてイクぅぅ♪うッうへああああぁぁ~~ッッ♪(フィニッシュに選んだのは生地をチンポに擦りつけてイク水着コキだ。生地の両端を摘まんで上下させチンポに擦りつけながら腰を使う。浅ましいその姿は正義のSchoolAngelとは思えない。那月は大好物の水着コキでついに絶頂すると水着に白濁液をぶちまけ、股間をどろどろに変色させていく。)  (15:46:03)