普段貴女は、学校では、才色兼備のお嬢様。しかし、家に帰ると、その姿を豹変させ、義父であるキモデブパパの牝豚になり大好きなキモデブパパのチンポに涎を垂らす変態淫乱牝豚になる

キモデブパパ  >  はあはあ……ぱんぱん! 【今にも瑠璃の子宮が壊れそうな勢いで、キモデブパパの連続プレスが始まる。】はあはあ……瑠璃……ずっとこれを待っていたんだね。はあはあ……わかるよ? パパのチンポが潰されそうだよ。はあはあ……?  (23:55:40)
月城 瑠璃  >  (パンパンパンッ…と打ち付ける音が激しくなっていく…涎を唇から垂らしていて…)んはっぁあっっあっっすっ…ごいっ?んあぁっあっっ(まだ言葉は聞けるようで、お父様の言葉に膣がギュウッと締まる…これほど激しい交尾ができるのも、これだけの激しい交尾を快感にできるのも、今までの交尾生活のお陰であり、お父様にとっても一番使いやすい身体であり…)  (0:04:47)
キモデブパパ  >  はあはあ……? ぱんぱん! 瑠璃……はあはあ……ぱんぱん! ほら、出すよ? ドッピュードッピュー! ドッピュードッピュー! 【黄ばんだゼリーみたいな濃厚で重たいザーメンを瑠璃の膣内でぶちまける。あまりの量に瑠璃のお腹はいつもように膨らみ、ザーメンで妊娠をする】  (0:08:43)
キモデブパパ  >  はあはあ……瑠璃……やっぱり、瑠璃が一番だよ。はあはあ……他の雌メイドたちとはまるで比べ物にならない。はあはあ……(瑠璃を抱き締める)  (0:10:05)
月城 瑠璃  >  あっぁあ”っっいっっ…ぐぅっっはぁあっあ”ぁっっっ?(ドピュッドピュッ、ビュルルッ?子宮口に亀頭を密着させたまま濃厚でドロドロの精液を射精され、注ぎ込まれていく…)ぁあっ…ぁっ……(中出しとともに身体は絶頂し注ぎ込まれる中、小刻みに身体を震わせ中出しされ絶頂した快感に表情は悦んでいて…肉棒を引き抜かれると、お腹にタップリ入ったザーメンがドロドロと溢れ出てくる…膨らんだお腹も元に戻っていき…)すっごい…です…お父様…?  (0:20:53)
キモデブパパ  >  はあはあ……シコシコ……瑠璃……とても気持ち良かったよ。シコシコ……(あれだけ出したのに、キモデブパパの性欲が収まる事を知らない)【まだまだ時間は大丈夫かな?】  (0:25:02)
月城 瑠璃  >  それは良かったです…?でも、お父様はまだまだこれから…ですものね??(ギンギンに勃起した肉棒を見つめて…いつも2発目以降、激しく獣のように中出しされ続け、何発出されたのかも覚えていないまま気を失ってしまうのがほとんどで…そのためお父様の肉棒が勃起していない時をみたことは無く…)【はい。時間は全然大丈夫です…!あ、でも無理なさらないで下さいね!】  (0:32:30)
キモデブパパ  >  【それを聞いて、まだまだたくさんやりたくなったよ。はあはあ】ああ。そうだよ瑠璃……はあはあ……シコシコ……(瑠璃と言う最高の果実を味わったチンポは更にビクビクと唸り……瑠璃の髪を掴みあげ、無理矢理チンポをしゃぶらせる。ぱんぱん! もちろん瑠璃か)  (0:38:31)
キモデブパパ  >  が苦しそうにしても、キモデブパパは欲望のままに、まるでオナホールのおもちゃの如く扱い……ドッピュードッピュードッピュー?)  (0:39:46)
月城 瑠璃  >  んぐっ?んぅう”っんぶっっぅうう”…っっ(黒い長い髪を掴まれ口に強引に肉棒を押し入れられ、頭を固定されたまま喉奥までしゃぶらされて…苦しそうな声を無視されしばらくしてそのまま精液を射精されて…)んぐぅぅっ、うっ…ぅっ…んぐっ……(喉奥に精液が流れていく…射精し終わるまで頭を固定され…やっと肉棒を口から引き抜かれる)ゴホッゴホッ、ゴホッ…はぁー…はぁー…はぁ…はぁ…(苦しそうにしているがお父様を見つめる顔は微笑んでいて…)  (0:49:17)
キモデブパパ  >  はあはあ……瑠璃……(瑠璃はまるで、ザーメンを自分のヨダレのように垂らして、パパを誘うように微笑む)はあはあ……ビクビク!(チンポがしなり、更に雄臭い悪臭をはなつ。あまりの臭さに、雌メイドたちは、雄叫びをあげ、ここには人と言う概念をもった生き物は消え失せる)  (0:55:07)
月城 瑠璃  >  おちんぽ…また…おっきくなってる…?(すると四つん這いになり、男にお尻を向け、片手でザーメンの残った秘部を広げて見せて…)ここ…ここに…おまんこ…使ってください…いっぱい…?  (1:02:57)
キモデブパパ  >  はあはあ……瑠璃……(差し出された快楽の肉壺に、再び、キモデブパパの極太チンポがぶちこまれる。今度は一気に、子宮の奥まで入り込み、先程までよりも、激しく、たくみな腰使いで瑠璃を翻弄する)  (1:06:44)