「 SM調教/脅迫 」一覧

NO IMAGE

体育会系長身女子大生4年の私は卒業を待つだけ。高校生の時から秘めていた想いを叶えるためにSMサイトに調教希望をメールを出してしまい

真奈美  >  (ネット調教での厳しい責めや命令に耐えた私はあっていただける事に。初めて逢う貴方は想像していた以上に紳士的で。私は招かれるままご自宅へ。そのお屋敷に驚いていますが、貴方の途について行きます。リビングの入り口で立ったまま、一瞬戸惑いますが、無言でうなづきます)  (15:11:3...

NO IMAGE

メス犬として調教され人間の言葉を話すことも許される夜の街を種付け調教散歩

郁斗  >  雌犬なら人の言葉は話さないよなぁ??(拡げたまんこにちんぽを擦り付けながらノーブラの胸を鷲掴みにして、ムニュムニュと揉みしだきながら)  (14:27:52) みゅん  >  あっ、んっ…?わん…っ?(おまんこはもうぐしょぐしょでおちんぽ誘うようにヒクつき、ノーブラおっぱ...

NO IMAGE

サークル合宿恒例の大広間を貸し切っての大宴会もお開きになり、まだまだいけるというメンバーはそれぞれ少人数のグループに分かれて飲み直し始めた頃。あなたは先輩の部屋で、男子2人と楽しく飲んでいて

西川亮平  >  …(何かを決心するための時間だったのか、少し間を置いてから、再び結羅の頬を張り飛ばす裕司。最初のビンタより明らかに力強く、気持ちいい音が鳴り響いて)結羅が悪いんだからな?これだけで終わるなんて思ってないよな…?(裕司がそう言った次の瞬間、手が結羅の胸元へと伸び…鷲掴みのように...

NO IMAGE

貴方は体育教師。ある日、空き教室で彼氏とエッチしている美鈴を目撃…。それをネタに脅して襲う…最初は嫌がりながらも、先生のテクニックにメロメロに

川井 悟  >  来たか?美鈴!(入ってきた入り口へと向かい扉を閉めて分からないように鍵をかけてから…)そこのマットでいいから座りなさい?なんで呼ばれたか分かるか?(視線を投げ掛けながらイヤらしい目付きでスカートから見える太股や胸元を見ている…)  (4:48:16) 美鈴  >  …...

NO IMAGE

弥生に待っていたのは凌辱・調教に種付けレ〇プ。拘束され自由を奪われた体を義父は思うがまま扱う。拘束・道具攻め・アナル開発・種付け中出し

信也  >  (指で媚薬を掬い取ると入り口だけ焦らすように出し入れ・・・・髪をつかんで画面に顔を向けると)ほら。昨夜のようにたっぷりと逝きねだりしていいんだぞ  (4:30:39) 弥生  >  ふぅ!ううっ…(入り口だけを出入りし、撫で回す指。そんなのたまらない…。両穴は熱く疼いて腰...

NO IMAGE

数日前に可愛い後輩を、泥酔させハメ撮りした。今日は、その動画を消すことを餌に、ノーパンノーブラでファミレスに呼び出す

三坂 佑美  >  あぁぁっ!?な、中は中はだめぇぇっ!?だめっ、、、だっ、、、ぁ、、、あ、、、(下腹部に熱い感覚が広がっていく。始めての感覚に固まってしまうけれど確実に膣内射精されていて)  (4:03:15) 秋山浩人  >  はぁはぁはぁ…わりぃ、中出しちまった(反省したそぶりも...

NO IMAGE

バイト先で、よく同じシフトになる30代半ばで歪んだ性癖の貴方はいつしか私のストーカーとなり、ついに私の弱味を握ることに成功…今では、貴方と貴方の悪趣味な友人達の牝犬奴隷として調教されている私

前田 恭介  >  まだ素直になれないみたいだね、絵美さん…(言ったことをしようとない絵美に対し、横に立つ男が絵美のスカートを捲り上げ、パンツを強引にお尻に食い込ませると露になった尻肉に躊躇なく手のひらを打ち下ろす…二人の男が絵美の左右の尻肉を交互に…)パチーン…ペチーン…(部屋中にお尻を叩く...

NO IMAGE

肉便器やオナホ扱いされて喜ぶ変態へしつけられてしまい今日も調教が始まる

緑  >  あはは、玩具使ってマン汁垂れ流してんだ。今度からオナニーする時は俺のこと考えながらしなよ。わかった?(自分の形覚えこませるように奥まで入れたまま 膣内絡みついてくるの待つように動き止め、その代わりクリの皮剥けば そこばかり指先細かく振動させ攻めて  (12:06:51) リナ  ...

NO IMAGE

校長に横領の弱みを握られた事務員の貴女。仕事中だろうが、オフの時間だろうが関係なく校長の絶倫巨根肉棒の性欲処理をしなければならない

山田茂雄  >  (朝の保健室。休憩ベットには全身精液塗れになってぐったりと倒れている女性の姿とその近くに全裸で栄養ドリンクを飲んで休憩している男。)ったく1時間ぶっとおしで犯しただけでもう伸びでているのかよ…。(女性の秘部からは大量の精液が溢れている。しかし男の肉棒はまだ劣ろっていない。それ...