「 催眠/洗脳 」一覧

NO IMAGE

引越しの手伝いに来たママ友の旦那に催眠術をかけられなんでも質問に答えてしまい・・・最後は犯されてしまう・

木下 由美子  >  は、はい…な、なんだか…夢の中のような…気持ちが…いいです…  (2:53:34) 達彦  >  3,2,1 はい!これからは奥さま・・わたしの質問になんでも答えてくださいよ いいですね  (2:54:08) 木下 由美子  >  ん…は、はい…質問に…答...

NO IMAGE

自分が催眠にかけられていることに全く気づかず、自分の行動は防御している、正常だと考えてしまう。端から見れば完全に貴方の操り人形

バルガス  >  (学園には「決闘」というシステムがある。学園を作った初代学園長が平等に学べる環境をと作ったシステムで、敗者は勝者の命令を一つ聞かなければならないというシステムだ。ただし、「決闘」は両者合意で行わなければならないし、あまりにも酷い命令をするのなら、教師からストップが掛かる。……...

NO IMAGE

彼氏や旦那いるのに催眠などで排卵中の危険日マンコにやらしく交尾されちゃう牝奴隷

河原 梨穂子  >  やんっ…あっあっダメぇ、こんな外で誰かから見られちゃう//(彼氏でもない初対面の男に、この日のデートのために磨いてきたムッチムチでモッチモチのおっぱいをわしづかみにされてることよりも人の目を気にしてしまって…おかしいと思っていても体をビクッビクッ)ゃあ///はやく離れよ…...

NO IMAGE

相手に快感を与えれば与えるほど洗脳や催眠をかける事ができる能力のあるアナタ。アナタは正義の味方である魔法少女の私を自分の所有物にしようと考えて

淫魔姫グローリア  >  キャハハハハ♪理解できた?シルビアちゃんも必死にあらがってたけど最後は殺してくれ!!って泣き叫んでたわよ♪死なせる訳ないじゃない(笑)こーんなに楽しい肉玩具をさぁ(笑)ほら?次はなにしちゃおうか?そろそろおまんこ犯しちゃおうか?自分からおねだりさせてさぁ(笑)ねぇ?ど...

NO IMAGE

意識ははっきりしているが、体だけ言うことを聞かせる催眠術を会得した学校の用務員のあなた。放課後、忘れ物を取りに来たあたしを自分のものにするため、放課後の教室で催眠術を使い、自分の子を孕ませることにする

大塚智之  >  『右手下していいよ』(目の前で手をすっとおろす千晴) ふふ…これで分かったかな? 要は催眠術ってやつだね!君は俺のいいなり人形になっちゃったんだよ?(信じられないけど、自分の行動から信じるしかない状況)  (22:05:13) 犬塚千晴  >  な、なにそれ……人形…...

NO IMAGE

見た目はまるで童貞風のキモオタ眼鏡男子。それをからかってやろうと来る黒ギャル系の貴女。だけど実はキモオタは仮の姿で本当は数々の女性をトリコにする程の技術の持ち主で

如月 拓  >  嫌ではなくて・・・恥ずかしいんだな・・・そろそろ正直になったほうがいいんじゃないのか?自分の欲求に・・・さ(すっと立ち上がると、杏奈の前に仁王立ちになる。手をとると、固くなったズボン越しにあてがわせると・・・)  (14:57:01) 神崎 杏奈  >  えっ?!あっ...

NO IMAGE

指を鳴らすだけで催眠をかけられる変態男は街中に繰り出すと、歩いている気に入った女性へと催眠をかけて 貞操観念0の相手へ変態プレイや精液を注ぎ込んで、肉便器やマゾビッチな性処理奴隷へと堕としていく

♂  >  【最初の女を催眠で犯してから1ヶ月、変態の中年男は今日も獲物となる女性を探しにとあるマンションへと訪れ、前から狙っていた主婦が住んでいる部屋の前に着くとチャイムをならして訪問販売員だと名乗り貴女が扉を開けて自分の目の前に現れるのを待っていて】  (3:59: ♀  >  は...

NO IMAGE

デレマス変態洗脳で渋谷凛ちゃんがチンポ丸出しでも笑顔で挨拶してくれたり、平気でチンポに握手したり、チンカス掃除やアナル舐めまでしてくれるように

キモオタ  >  んふふ……しぶりんが来てくれて嬉しいよぉ♪(催眠アプリなるものを手に入れたキモオタはさっそく人生を捧げているといってもいい程に信仰しているアイドル渋谷凛に都合の良い洗脳を施した。その効果は確かなもので、なんとあの渋谷凛の好感度を爆上げ、更には自宅に連れ込むという夢のようなシチ...

NO IMAGE

世界中で猛威を振るった悪の組織は壊滅に追い込まれ、世の中には平穏が訪れた。その数年後、人々の記憶から組織が消えつつあった頃に、女幹部が動き出す

ロサリーナ  >  ふっふーん♪ 私、貴女みたいなつごーのいい女の子探してたのよね~。一人暮らしでー、可愛らしくってー、汚しがいがある感じの子♪(とんでもないセリフをのうのうと吐く女。その声は、大宮家の一人娘の部屋から聞こえてきていた。一人娘、とは言っても、両親が他界したせいで彼女一人しか住ん...